出版案内
福祉事業団

福島のダム湖に放射性物質蓄積 大津、国立環境研シンポ

福島県での放射性セシウムの蓄積などについて講演があったシンポジウム(大津市・びわ湖ホール)
福島県での放射性セシウムの蓄積などについて講演があったシンポジウム(大津市・びわ湖ホール)

 国立環境研究所(茨城県つくば市)の公開シンポジウムが16日、大津市のびわ湖ホールで開かれ、気候変動や生態系など、研究員の最新の研究成果が市民に披露された。

 政府機関の地方移転の一環で、今年4月に同研究所の琵琶湖分室が滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市柳が崎)に開設されたことを記念し、初めて湖国で開かれた。約250人が参加し、安心・安全な環境づくりをテーマに6本の講演と20のポスター発表があった。

 福島第1原発事故による水中の放射性物質を調査している林誠二・福島支所研究グループ長は、放射性セシウムが流れ込んだ福島県東部の川の現状を報告。森林からの放射性物質の流出率は年間0・1%と小さいが、大部分はダム湖の湖底に蓄積しているといい、イワナやヤマメなどの体内で数千倍に濃縮され、出荷規制値を上回る可能性が生じていると指摘した。「川の放射性物質濃度は飲料水の基準値を大幅に下回っているものの、生物の体内で濃縮されるため、モニタリングの下限を下げることが必要だ」と話した。

 ポスター発表では、琵琶湖分室が県センターの研究員らと共同で取り組む、水質と生態系研究の概要などが紹介され、多くの市民が熱心に質問していた。

【 2017年06月18日 22時34分 】

ニュース写真

  • 福島県での放射性セシウムの蓄積などについて講演があったシンポジウム(大津市・びわ湖ホール)

2017衆院選 開票速報

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      昭恵夫人、首相当確で満面の笑み
      森友触れず「主人頑張る」

      20171022000194

       森友、加計学園問題で批判を受けた安倍晋三首相の地元・山口4区。下関市の事務所では安倍首..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      羽生、平昌五輪後も現役示唆
      将来的に4回転半に意欲

      20171022000167

       【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のロシア杯男子で2..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城に江戸時代の眺め再び 京都、櫓や大手門現れ

      20171022000113

       京都市中京区の世界遺産・二条城で、東側を中心に整備が進められてきた駐車場と広場がこのほ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]