出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭・大船鉾に「写し面」 巡行で取り付け、本面守る

大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)
大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)

 祇園祭の四条町大船鉾保存会(京都市下京区新町通四条下ル)が、約400年前から町内に伝わるとされ、山鉾巡行でご神体人形に取り付ける神面の「写し面」を作った。元からある「本面」の保護が目的で、今年の後祭の山鉾巡行(7月24日)から写し面を付け、本面は大船鉾に乗り込む役員が携えて臨む。

 写し面は縦約23センチ、横約13センチでヒノキ製。2014年の巡行復帰後は、ご神体人形の「神功皇后」の顔に本面を取り付け、鉾に乗せていた。「人形から落ちる可能性がある」と、懸念する声もあったため、代々伝わる面の保護を考慮して新たに面を作ることにした。

 保存会は、京都観世会会長の片山九郎右衛門さんと、能楽金剛流宗家の金剛永謹さんの推薦を受け、能面打の見市泰男さん(67)=大阪府摂津市=に面打ちを依頼した。神が宿るとされる本面は原則非公開。本面から型紙を取ることができないため、見市さんは、制作中の写し面を、何度も保存会へ持参し、役員立ち会いのもとで、本面と見比べながら面を打った。

 大船鉾は幕末の禁門の変(蛤(はまぐり)御門の変)の大火で焼失し、3年前、150年ぶりに復活した。本面は、江戸時代の天明の大火と蛤御門の大火の被災を免れた。かつては宮中でお産がある際に腹帯とともに差し出し、安産を祈ったという。林邦彦理事長(65)は、「何百年も大切に伝えてきた本面を守るために作った。これで安心して巡行に参加できる。これからは二つとも神さまとして扱いたい」と話した。

 写し面は、6月24日に東山区の八坂神社でおはらいを受け、以降は非公開となる。

【 2017年06月23日 08時48分 】

ニュース写真

  • 大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)
  • ご神体人形に写し面をつけて巡行する予定の大船鉾。今年は舳先に大金幣をつける(2015年7月24日撮影)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング、日本がプレーオフへ
      世界混合ダブルス

      20180427000003

       【エステルスンド(スウェーデン)共同】カーリング混合ダブルスの世界選手権は26日、スウ..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会

      20180426000214

       高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]