出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭・大船鉾に「写し面」 巡行で取り付け、本面守る

大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)
大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)

 祇園祭の四条町大船鉾保存会(京都市下京区新町通四条下ル)が、約400年前から町内に伝わるとされ、山鉾巡行でご神体人形に取り付ける神面の「写し面」を作った。元からある「本面」の保護が目的で、今年の後祭の山鉾巡行(7月24日)から写し面を付け、本面は大船鉾に乗り込む役員が携えて臨む。

 写し面は縦約23センチ、横約13センチでヒノキ製。2014年の巡行復帰後は、ご神体人形の「神功皇后」の顔に本面を取り付け、鉾に乗せていた。「人形から落ちる可能性がある」と、懸念する声もあったため、代々伝わる面の保護を考慮して新たに面を作ることにした。

 保存会は、京都観世会会長の片山九郎右衛門さんと、能楽金剛流宗家の金剛永謹さんの推薦を受け、能面打の見市泰男さん(67)=大阪府摂津市=に面打ちを依頼した。神が宿るとされる本面は原則非公開。本面から型紙を取ることができないため、見市さんは、制作中の写し面を、何度も保存会へ持参し、役員立ち会いのもとで、本面と見比べながら面を打った。

 大船鉾は幕末の禁門の変(蛤(はまぐり)御門の変)の大火で焼失し、3年前、150年ぶりに復活した。本面は、江戸時代の天明の大火と蛤御門の大火の被災を免れた。かつては宮中でお産がある際に腹帯とともに差し出し、安産を祈ったという。林邦彦理事長(65)は、「何百年も大切に伝えてきた本面を守るために作った。これで安心して巡行に参加できる。これからは二つとも神さまとして扱いたい」と話した。

 写し面は、6月24日に東山区の八坂神社でおはらいを受け、以降は非公開となる。

【 2017年06月23日 08時48分 】

ニュース写真

  • 大船鉾の写し面。24日以降は、本面と同様に非公開となる(京都市下京区新町通四条下ル・大船鉾会所)
  • ご神体人形に写し面をつけて巡行する予定の大船鉾。今年は舳先に大金幣をつける(2015年7月24日撮影)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      35度以上で主催イベント中止検討 大津市が熱中症予防会議

      20180717000191

       連日の酷暑を受け、大津市は17日、熱中症予防のための庁内会議を開き、気温が35度以上に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、南北チームが勝利
      北朝鮮選手に大声援

      20180717000196

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まった..... [ 記事へ ]

      経済

      GS、12年ぶりCEO交代
      ブランクファイン氏退任

      20180717000200

       【ニューヨーク共同】米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)は17日、ロイド・ブランク..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿集結「ホイット」響く 祇園祭・神幸祭

      20180717000205

       祇園祭の神幸祭が17日夜、京都市中心部で行われた。東山区の八坂神社前に3基の神輿(みこ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]