出版案内
福祉事業団

輝く鳳凰、船鉾の天水引新調 祇園祭

新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所
新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所

 祇園祭の船鉾(京都市下京区新町通綾小路下ル)は3日、復元新調した天水引をお披露目した。手刺しゅうで表現された真新しい鳳凰(ほうおう)が、前祭の巡行を見守る。

 鉾正面の唐破風の下に飾る天水引で、「緋羅紗(らしゃ)地雲鳳凰図」と呼ばれる、縦約60センチ、横約150センチの織物。これまで、1834(天保5)年製を使ってきたが、傷んできたため、2015年、川島織物セルコンに制作を依頼した。

 刺しゅう家の樹田紅陽さん(69)が手掛けた。鳳凰の部分は立体的に見えるよう、和紙や綿を入れ、絹糸や金糸で刺しゅうを施した。目には迫力を増すよう、ガラスを入れている。13日の曳初(ひきぞ)めから使用する。

 祇園祭船鉾保存会の丸橋博之常務理事(65)は「大変美しいものができた。巡行では優雅さを感じてもらいたい」と話す。

 また船鉾は同日、巡行で使用する新旧の面の無事を確認する「神面改め」を行った。室町中期の本面と江戸時代作製の写し面のそれぞれを木箱から取り出し、口に懐紙をくわえた古川雅雄理事長(80)らが約50秒間、二つの面を掲げて、無事を確認した。

 17日の巡行では、ご神体人形には写し面を付け、本面は保存会役員が携えて鉾に乗り込む。

【 2017年07月03日 14時00分 】

ニュース写真

  • 新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所
  • 神面の本面(左)と写し面を掲げて無事を確認する保存会の役員ら(3日午前10時22分、京都市下京区・船鉾町会所)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      ばいじん排出、元市職員への損害賠償請求断念 滋賀・高島

      20171122000194

       滋賀県高島市の福井正明市長は22日、市環境センター(市今津町)が環境基準値を超えるダイ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー堀江「違う姿見せたい」
      日本代表、フランス戦に向け

      20171122000193

       【トゥールーズ(フランス)共同】フランス遠征中のラグビー日本代表は22日、最終戦となる..... [ 記事へ ]

      経済

      日清、カップそば自主回収
      864食、容器取り違え

      20171122000156

       日清食品は22日、20日に発売したカップそば「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      当初60冊の予定が… 「冷泉家時雨亭叢書」100冊で完結

      20171122000190

       歌聖の藤原俊成・定家親子を祖先とする冷泉家に伝わる古典籍や古文書の影印本(写真複製本)..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      玄海3号機、再稼働2月に
      神鋼データ改ざんで遅れ

      20171122000168

       九州電力が来年1月を目指していた玄海原発3号機(佐賀県)の再稼働について、2月以降に遅..... [ 記事へ ]