出版案内
福祉事業団

輝く鳳凰、船鉾の天水引新調 祇園祭

新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所
新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所

 祇園祭の船鉾(京都市下京区新町通綾小路下ル)は3日、復元新調した天水引をお披露目した。手刺しゅうで表現された真新しい鳳凰(ほうおう)が、前祭の巡行を見守る。

 鉾正面の唐破風の下に飾る天水引で、「緋羅紗(らしゃ)地雲鳳凰図」と呼ばれる、縦約60センチ、横約150センチの織物。これまで、1834(天保5)年製を使ってきたが、傷んできたため、2015年、川島織物セルコンに制作を依頼した。

 刺しゅう家の樹田紅陽さん(69)が手掛けた。鳳凰の部分は立体的に見えるよう、和紙や綿を入れ、絹糸や金糸で刺しゅうを施した。目には迫力を増すよう、ガラスを入れている。13日の曳初(ひきぞ)めから使用する。

 祇園祭船鉾保存会の丸橋博之常務理事(65)は「大変美しいものができた。巡行では優雅さを感じてもらいたい」と話す。

 また船鉾は同日、巡行で使用する新旧の面の無事を確認する「神面改め」を行った。室町中期の本面と江戸時代作製の写し面のそれぞれを木箱から取り出し、口に懐紙をくわえた古川雅雄理事長(80)らが約50秒間、二つの面を掲げて、無事を確認した。

 17日の巡行では、ご神体人形には写し面を付け、本面は保存会役員が携えて鉾に乗り込む。

【 2017年07月03日 14時00分 】

ニュース写真

  • 新調された船鉾正面の天水引(右)。奥はこれまで使われていた天水引=3日午前9時10分、京都市下京区・船鉾町会所
  • 神面の本面(左)と写し面を掲げて無事を確認する保存会の役員ら(3日午前10時22分、京都市下京区・船鉾町会所)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      獣医師会、山本担当相と相違
      「放っておくと京都も」

      20170723000119

       学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画が認められる約2カ月前に、山本幸三地方..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子リレー、日本新で5位
      今井、大橋が決勝へ

      20170724000005

       【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第10日は23日、ブダペストで行われ、競泳の男子40..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「今晩限り」お囃子に誘われ 祇園祭後祭・宵山

      20170723000124

       祇園祭の後祭(あとまつり)は23日、宵山を迎えた。京都市中心部の新町通では、駒形提灯に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]