出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

寂聴さん、悩む人々に語りかけ 「法話の会」30年

立ったまま法話を行う瀬戸内寂聴さん。軽妙で滋味豊かな話に頻繁に笑いが起きる(6月18日、京都市右京区・寂庵)
立ったまま法話を行う瀬戸内寂聴さん。軽妙で滋味豊かな話に頻繁に笑いが起きる(6月18日、京都市右京区・寂庵)

 作家の瀬戸内寂聴さん(95)が30年以上にわたってほぼ毎月、法話の会を京都で続けている。体調を崩すなどして休んでも必ず再開し、病気や人間関係に悩む人々に語りかけ、身の上相談に真摯(しんし)な姿勢で答えてきた。苦しい時でも明るく、自立して生きる瀬戸内さんの姿に励まされた人は多く、法話の人気ぶりは衰える様子はない。

■毎月開催、倍率7倍の人気

 京都市右京区の寂庵。今年6月の法話の会は、イギリスや鹿児島など国内外から訪れた150人で埋まった。約7倍の抽選で選ばれた参加者は中高年の女性が中心で、20代の女性や男性の姿も交じる。袈裟(けさ)姿の瀬戸内さんが登場すると、拍手と大歓声が起きた。

 瀬戸内さんが出家したのは1973年、51歳の時。翌年、嵯峨に寂庵を結ぶと、「悩みを聞いてほしい」と訪ねる人が絶えず、地面にござを敷いて対話した。それを知った姉の艶さんから「お堂を建てたほうがいい」と勧められ、85年に境内に「嵯峨野僧伽(さんが)」を建立して法話を開始。87年に岩手県の天台寺で住職(現・名誉住職)に就いたのを機に同寺でも始めた。

 京都、岩手とも平日に開いていたが、95年の地下鉄サリン事件に宗教へ救いを求めた若者が多数関与していたことを知ると、若い人たちが来やすい日曜日に変更した。参加希望者が増加するにつれ、寂庵では収容できないようになり、京都アスニー(中京区)で1日2回行ったことも。それでも対応しきれず2000年にやめたが、法話を求める声が相次ぎ、翌年再開した。

 今年1月の会は大雪にもかかわらず定員の150人が参加。天台寺で同5月に開いた青空法話では約5千人が境内を埋め尽くした。九州から単身、手押し車を押して寂庵にやって来た90代の女性など長年通う人も多い。

 変わらぬ人気を支えるのが瀬戸内さんの明るさだ。命や平和の尊さ、死への思いなど重く根源的な話題を取り上げても、随所にユーモアをまじえ、5分に1度は笑いが起きる。

 法話の後に、参加者が瀬戸内さんへ寄せる身の上相談も人々を引きつける。夫との死別に悲しむ妻。酒乱の兄に悩む妹。父の遺産を第三者に奪われた娘。心に秘めていた切実な悩みを明かす参加者に対し、波瀾(はらん)万丈の人生の経験を踏まえ、親身になって的確に答える瀬戸内さん。やりとりを聞いて、もらい泣きする参加者は多い。

 6月の法話では、熊本の女性(48)が、夫と不仲で長女には障害があり、パート仕事にも生きがいが持てず、人生に寂しさを覚えていると打ち明けた。

 瀬戸内さん「ご主人と別れたいの?」

 女性「経済力があれば。『この人とずっと一緒か』と思うのはつらい」

 瀬戸内さん「ご主人と別れたら、あなたがそのご苦労を全部背負わないといけないよ。(略)ご主人はお金持ち? お金持ちなら別れてお金をもらえばいいからね。ないなら別れない方がいい」

 瀬戸内さんはさらに、一人で耐えずに、似た境遇の人とグループを作ることを勧めた。初めて人前で悩みを話した女性は「今日しか聞けないから思い切った。私一人ではないと気づかされ、少し楽になりました」。

 寂庵での法話の会は8、12月を除く毎月第3日曜に開く。今年3月、足と心臓にカテーテル手術をしたが、以降の法話も50分間立ったまま行う。足がむくむなど体に負担はかかるが、「立たないと下腹から声が出ない」と決して座らない。

 「ある回で、中学生から『僕は戦争に行きたくない』と打ち明けられた時、法話をやっていて良かったと思った。求められ、体が続く限り続ける。僧侶として法話をするのは義務だと思うのです」

■悲しみ、その言葉に救われ

 京都と岩手での法話を長年にわたって採録している週刊誌「女性自身」の田中秀尚副編集長(44)の話 法話を初めて掲載したのは89年5月。不定期掲載でしたが、96年から21年間は、再構成してほぼ毎週掲載しています。

 法話の魅力は多々ありますが、会場の一体感でしょうか。瀬戸内先生の言葉に参加者が時に大笑いし、時に真剣に聞き入る。まるで音楽ライブのよう。身の上相談は、「息子がニートで困っている」など時代によって変化はあるが、根本的な悩みは変わっていない。大半は夫婦や親子、友人といった人間関係。生死の悩みも多く、寂庵の法話では、毎回のように家族を失った女性が悲しみを打ち明けています。

 読者の反響は「(参加者と)同じようなことで悩んでいた。寂聴さんの回答で自分の悩みもすっきりした」が一番多い。「自分も高齢者だけれど、95歳の寂聴さんがこんなに頑張っているのだから、自分ももっと頑張りたい」との声も多い。法話の書籍化はこれまで5冊で、うち1冊の累計は43刷50万6千部。瀬戸内先生の言葉に救われている人は多いと思います。

【 2017年07月17日 23時00分 】

ニュース写真

  • 立ったまま法話を行う瀬戸内寂聴さん。軽妙で滋味豊かな話に頻繁に笑いが起きる(6月18日、京都市右京区・寂庵)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      河野氏「核不拡散に挑戦」
      NPT委で北朝鮮を非難

      20180425000009

       【ジュネーブ共同】河野太郎外相は24日、スイスで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      「僕らの誇りだった」 衣笠さん訃報に平安高同級生

      20180424000182

       「僕らの誇りだった。また会えると思っていただけに寂しい」 平安高で衣笠さんと一緒にプレ..... [ 記事へ ]

      経済

      武田、買収合意か
      欧州製薬、期限延長合意も

      20180425000011

       【ロンドン共同】ロイター通信は24日、武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーの..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]