出版案内
福祉事業団

注連縄切り、太刀さばき見事 京都・祇園祭の長刀鉾稚児

長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)
長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)

 17日行われた祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行で、先頭を行く長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)の稚児、林賢人君(10)=御所南小4年=は「注連縄(しめなわ)切りの儀」に臨み、見事な太刀さばきで、巡行の始まりを告げる大役を果たした。

 午前8時45分、四条烏丸交差点で、補佐役の禿(かむろ)の桐原真優君(10)=同=、小嶋啓太君(9)=同=に続いて林君が鉾に乗り込んだ。稚児は「神の使い」とされるため地面に足を付けず、「強力(ごうりき)」に担がれてはしごを登った。「(前夜は)緊張してあまり眠れなかった」という。

 注連縄の張られた四条麸屋町交差点に差し掛かると、長刀鉾保存会の稚児係に支えられ、習った通りの所作をした。太刀を抜き、切っ先を見て、振りかぶった。刀が台に当たる音がして、注連縄が二つに切れると、シャッターが一斉に押され、拍手がわき起こった。「歓声が聞こえて、やったーと思った」。

 林君を後ろから支えた稚児係の井尻浩行さん(48)は「堂々としていたのでやりやすかった。神様が降りてきたように息が合い、一つになれた感じがした」と興奮気味に話した。

 巡行を終え、御池新町で鉾を降りた林君たちは八坂神社(東山区)で「お位返しの儀」に臨んだ。神前で無事巡行が済んだことを報告し、稚児の役目を終えた。「普通の人に戻ってほっとした」と林君。神社の南楼門を出た瞬間、父誠一郎さん(45)にしがみついて甘え、「神の使い」の表情は消えていた。

【 2017年07月18日 11時30分 】

ニュース写真

  • 長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      最新スポーツ用車いすを展示
      東京パラへ、名古屋にオープン

      20171214000147

       2020年東京パラリンピックで選手が使用することを目指し、開発が進む最新のスポーツ用車..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      14歳張本に躍進賞
      国際卓球連盟の年間表彰

      20171215000002

       【アスタナ(カザフスタン)共同】国際卓球連盟(ITTF)の年間表彰式が14日、アスタナ..... [ 記事へ ]

      経済

      解体予定、機関車いりませんか 近江鉄道、16日イベント

      20171214000135

       近江鉄道は、大正期に製造され昭和末まで活躍した電気機関車を順次解体する方針を決めた。老..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      関ケ原前後の石垣跡が出土 京都・伏見城、激戦と復興示す

      20171214000166

       豊臣秀吉が造営した伏見城に隣接する武家屋敷跡(京都市伏見区桃山町)の発掘調査で、関ケ原..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさ2、来年エンジン噴射
      1月から、6月には小惑星接近

      20171214000116

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げから3年..... [ 記事へ ]