出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

注連縄切り、太刀さばき見事 京都・祇園祭の長刀鉾稚児

長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)
長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)

 17日行われた祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行で、先頭を行く長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)の稚児、林賢人君(10)=御所南小4年=は「注連縄(しめなわ)切りの儀」に臨み、見事な太刀さばきで、巡行の始まりを告げる大役を果たした。

 午前8時45分、四条烏丸交差点で、補佐役の禿(かむろ)の桐原真優君(10)=同=、小嶋啓太君(9)=同=に続いて林君が鉾に乗り込んだ。稚児は「神の使い」とされるため地面に足を付けず、「強力(ごうりき)」に担がれてはしごを登った。「(前夜は)緊張してあまり眠れなかった」という。

 注連縄の張られた四条麸屋町交差点に差し掛かると、長刀鉾保存会の稚児係に支えられ、習った通りの所作をした。太刀を抜き、切っ先を見て、振りかぶった。刀が台に当たる音がして、注連縄が二つに切れると、シャッターが一斉に押され、拍手がわき起こった。「歓声が聞こえて、やったーと思った」。

 林君を後ろから支えた稚児係の井尻浩行さん(48)は「堂々としていたのでやりやすかった。神様が降りてきたように息が合い、一つになれた感じがした」と興奮気味に話した。

 巡行を終え、御池新町で鉾を降りた林君たちは八坂神社(東山区)で「お位返しの儀」に臨んだ。神前で無事巡行が済んだことを報告し、稚児の役目を終えた。「普通の人に戻ってほっとした」と林君。神社の南楼門を出た瞬間、父誠一郎さん(45)にしがみついて甘え、「神の使い」の表情は消えていた。

【 2017年07月18日 11時30分 】

ニュース写真

  • 長刀鉾の上で注連縄切りの大役を果たす稚児の林賢人君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都御所内の建物から出火 作業員用プレハブ焼き消火

      20180723000208

       23日午後9時13分ごろ、京都市上京区の京都御所内で、作業員用の平屋建てプレハブ建物か..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大阪ガス、三菱神戸・高砂で決勝
      都市対抗野球

      20180723000196

       都市対抗野球大会第11日は23日、東京ドームで準決勝が行われ、大阪ガス(大阪市)と三菱..... [ 記事へ ]

      経済

      日立、英国向け新型電車公開
      スコットランドで営業運転

      20180723000205

       【グラスゴー共同】日立製作所は23日、同社が製造し、英北部スコットランドの鉄道で使われ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      風に乗る祇園囃子、宵山満喫 祇園祭後祭

      20180723000209

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を控えた23日、京都市中心部の山鉾町は宵山..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都市の小学校英語教育が本格化 全国に先行、教員支援が課題

      20180723000097

       2020年度に実施される新学習指導要領で小学5~6年生の英語が教科化されるのを前に、京..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      新潟大がiPS創薬で連携
      京都の再生医療支援企業と

      20180723000153

       新潟大医学部と、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療研究を支援する企業「iP..... [ 記事へ ]