出版案内
福祉事業団

角膜白濁、不要タンパク質が原因 同志社大教授ら解明

 角膜が白濁して視力が低下する病気「フックス角膜ジストロフィー」の病態を解明することに、同志社大生命医科学部の小泉範子教授や奥村直毅准教授のグループが成功した。角膜内皮細胞の内部で不要なタンパク質が大量に作られ、細胞死が起きていた。病気の予防や治療のための目薬の開発につながる成果で、米科学誌で26日発表した。

 国内に約1万人の患者がいるとされるフックス角膜内皮ジストロフィーは、角膜内皮の機能が損なわれるために発症する病気で、角膜移植しか治療法がない。新たな治療法の開発のためには、角膜内皮でどのようなことが起こっているかを詳しく解明する必要があるが、これまではよく分かっていなかった。

 グループは、患者の角膜内皮を解析した結果、コラーゲンなどの不要なタンパク質が多く作られていることを確認した。その影響として、細胞内でタンパク質の品質管理を担う小胞体に不要なタンパク質が凝集し、角膜内皮の細胞死が引き起こされていることも分かった。

 小泉教授は「今回の成果によって、病気の予防や治療につながる目薬のターゲットができた。細胞レベルでは薬剤の候補が見つかっており、さらに研究を進めていきたい」と話している。

【 2017年07月27日 08時26分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      山口市に待望スターバックス
      県庁所在地最後の出店

      20170818000054

       都道府県庁所在地で唯一、スターバックスコーヒージャパン(東京)のカフェが無かった山口市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ石川18位、岩田は出遅れ
      ウィンダム選手権第1日

      20170818000058

       【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)共同】米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、..... [ 記事へ ]

      経済

      完熟イチジク、天ぷらもおすすめ 滋賀で収穫最盛期

      20170818000051

       滋賀県栗東市特産のイチジクの収穫が最盛期を迎えている。早朝から各農家が赤紫色に熟した実..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

      20170817000171

       通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り..... [ 記事へ ]