出版案内
福祉事業団

北桑田、復活Vへ走り込み 高校総体自転車

インターハイに向けて走り込む北桑田高自転車部の選手たち(京都市右京区)
インターハイに向けて走り込む北桑田高自転車部の選手たち(京都市右京区)

 北桑田高の自転車部が、全国高校総体(インターハイ)に向けて、走り込みを重ねている。3年前にインターハイ総合優勝に輝いた強豪だが、それ以来入賞はない。今季は有望な1年も入部し、「先輩に続けるように全力で走りたい」と復活を期す。

 インターハイ予選となる6月の近畿大会では、ロード(80・4キロ)で2年の谷内健太が優勝。トラック男子4000メートル団体追い抜きで2位に入るなど、学校対抗で3年ぶりに総合優勝した。

 京都市右京区京北の山あいの学校周辺が、格好の練習コースとなっている。土日には150~200キロ乗り込む。25年間顧問を務めた田中良泰教諭は15年度に転任したが、上田敬史教諭ら北桑田出身の3人が指導する。上田教諭は「地元の理解もあり、練習環境に恵まれている」と語る。27~30日に福島県で行われるインターハイには、トラックとロードの7種目に出場。選手7人のうち6人は1、2年生が占める。1年生の四宮寛人と川村峻輝の父親は、ともに現役の競輪選手。四宮は「風を切って走るスピード感が楽しい」、川村は「努力した分だけ強くなれる」と自転車競技の魅力を語る。

【 2017年07月28日 13時00分 】

ニュース写真

  • インターハイに向けて走り込む北桑田高自転車部の選手たち(京都市右京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]