出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS細胞の培養装置を販売 京大とパナ開発

販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)
販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)

 京都大の岩田博夫名誉教授とパナソニックは23日、共同開発したiPS細胞(人工多能性幹細胞)の自動培養装置の販売を始めたと発表した。コンパクトな大きさで価格も抑えた。安定的なiPS細胞の供給を実現して、創薬の活性化などに結びつけたいという。

 大きさは横幅2・7メートル、奥行き1・1メートル、高さ2・4メートル。iPS細胞の多能性を維持したまま、培養を行うことができる。熟練した研究者の手技を分析し、機器の動作に反映させた。画像を解析して細胞の状態を判定し、自動的に培地交換できるようになっている。

 受注生産で装置に備える機能を選べる。価格は4千万~5千万円。販売元の同社は初年度は5台の納品を目標とし、5年後には年間15台を目指すという。創薬分野に加え再生医療の基礎研究での活用も見込まれ、ターゲットは主に製薬会社となる。

 同社は「研究者の負担が軽減されることで、培養以外の研究に力を注げるようになるはず」としている。

【 2017年08月23日 22時20分 】

ニュース写真

  • 販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大麻リキッド所持疑いで男追送検
      近畿地方で初、今年からまん

      20180625000064

       電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していたとして、近畿厚生局麻..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      三村氏が相談役退任、新日鉄住金
      制度は継続

      20180625000075

       新日鉄住金は25日、三村明夫相談役が同日付で退任したと発表した。任期5年の社内規定に基..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、梅雨の晴れ間に彩り 京都・柳谷観音

      20180625000039

       京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺で24日、恒例の「あじさいまつり」が開かれた。梅雨..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]