出版案内
福祉事業団

落雷で信号故障、JR片町線運休 京都、9400人影響

住宅地や大阪方面に向かうためバスを待つ通勤・通学者ら(23日午後6時10分ごろ、京田辺市田辺中央・近鉄新田辺駅前)
住宅地や大阪方面に向かうためバスを待つ通勤・通学者ら(23日午後6時10分ごろ、京田辺市田辺中央・近鉄新田辺駅前)

 23日午後1時45分ごろ、京都府京田辺市田辺のJR片町線京田辺駅構内の信号が赤のまま変わらなくなり、木津-松井山手間で終日、運転を見合わせた。JR西日本によると、落雷の信号が制御できなくなったとみられ、89本が運休し、約9400人に影響した。

 田辺署によると、午後2時ごろから大住-三山木間で踏切12カ所の遮断機が下り、警報機が鳴ったままになった。署員やJR社員が手動で上げて歩行者や車を誘導し、一時渋滞が発生した。JR西日本によると、信号故障で駅に電車が停車したままになり、遮断機が下りたという。

 運転見合わせを受け、近鉄やバスなどによる代行輸送が行われた。近鉄新田辺駅前バス乗り場では、住宅地のある松井山手駅方面や、同駅から大阪方面への電車に乗るためバスを利用しようとする人が列をつくった。部活を終えて帰宅途中の同志社国際高2年小倉悠史さん(16)は「近鉄とバスを乗り継がないといけない。早く帰りたいです」と話していた。

 京阪本線でも、落雷の影響で同日午後4時半ごろ、大阪府の京阪本線淀屋橋―萱島間で停電が発生し、本線、鴨東線などで一時運転を見合わせた。京阪電鉄によると、上下54本が運休、115本が最大85分遅れ、約18万7千人に影響した。

【 2017年08月23日 22時20分 】

ニュース写真

  • 住宅地や大阪方面に向かうためバスを待つ通勤・通学者ら(23日午後6時10分ごろ、京田辺市田辺中央・近鉄新田辺駅前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]