出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

姿消す小劇場、ファン名残惜しむ 京都、アトリエ劇研閉館

33年の歴史の幕を閉じる小劇場「アトリエ劇研」で、照明に彩られる空間を眺める来場者(京都市左京区)
33年の歴史の幕を閉じる小劇場「アトリエ劇研」で、照明に彩られる空間を眺める来場者(京都市左京区)

 京都の小劇場演劇のメッカとして親しまれてきた「アトリエ劇研」(京都市左京区)が31日、閉館した。最終日は「何もない空間」と題して、劇場が一般開放され、演劇関係者やファンたちが名残を惜しんだ。

 劇研は1984年、下鴨の住宅街に「アートスペース無門館」としてオープン。90年代にかけ、世界的な注目を集めたパフォーマンス集団「ダムタイプ」をはじめ、岸田戯曲賞作家の松田正隆さんや鈴江俊郎さん、人気劇作家のマキノノゾミさんや土田英生さんら、数多くの才能を輩出した。しかし、オーナーが高齢となったことから閉館を決めた。

 この日は、機材が取り払われた劇場を舞台照明家吉本有輝子さんが表情豊かなライティングで彩った。訪れた人たちは33年の歴史に思いをはせ、思い出話に花を咲かせた。関係者によるお別れパーティーも行われ、あごうさとしディレクターは「これまで劇場を支えてくれた全てのアーティストやスタッフに感謝したい」と話した。

 京都では近年、劇研を始め小劇場の閉館が相次ぐ。活動環境の変化から、才能の流出などが懸念されるなか、あごうさんら有志が南区東九条に新劇場の開設計画を進めている。

【 2017年09月01日 09時10分 】

ニュース写真

  • 33年の歴史の幕を閉じる小劇場「アトリエ劇研」で、照明に彩られる空間を眺める来場者(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      妊産婦向けベルト類似せず
      「長~く使える」商標訴訟

      20180719000157

       妊産婦向けの腹帯などを製造・販売する「犬印本舗」(大阪府松原市)が「長~く使える」とい..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯槙野らにスポーツ特別功労賞
      ポーランド戦「指示難しかっ

      20180719000148

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表で、J1浦和に所属する槙野智章と遠藤..... [ 記事へ ]

      経済

      被災地で工場、店舗の復旧進む
      全面稼働にはなお時間も

      20180719000160

       西日本豪雨の影響で工場や店舗の休業などを余儀なくされた企業は手探りで復旧を進め、19日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ひそかな話題、SDカードお守り 京都・法輪寺

      20180719000079

       京都市西京区の法輪寺の「マイクロSDカードお守り」が、ひそかな話題となっている。本尊の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電玄海原発4号機が営業運転
      再稼働工程の最終検査完了

      20180719000126

       九州電力は19日、6月に約6年半ぶりに再稼働した玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が原子力..... [ 記事へ ]