出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

永徳の信長像や探幽の障壁画 京都・大徳寺、16日から特別展

大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)

 京都市北区の大徳寺で16日、安土桃山期の絵師、狩野永徳の作とされる肖像画「織田信長公像」の特別展示が始まる。豊臣秀吉が取り仕切った信長の三回忌法要のために描かせた絵で、生前の面影や雰囲気をよく伝えるという。大徳寺では初公開となる。

 肖像画は、京都国立博物館の近年の調査で永徳が描いた可能性が極めて高いと分かった。絹本著色の掛け軸で縦115センチ、横51センチ。ひげを蓄え、威厳を備えた姿も、生前の姿を知る永徳ならではの描写とされる。

 秀吉は大徳寺塔頭の総見院を信長の菩提寺とし、墓を設けた。軸木に、三回忌法要の前月にあたる天正12(1584)年5月の墨書があり、この年の制作とみられる。肖像画には、差している刀の本数を減らし、派手な衣装を地味な色にするなど改変された形跡があり、同博物館は、完成後に秀吉が描き直させたとみている。

 特別展示は16日から10月15日まで行われる大徳寺本坊特別公開の一環。方丈(国宝)では永徳の孫、探幽が手がけた障壁画(重要文化財)を公開する。法堂(はっとう)(重文)なども拝観できる。

 信長の肖像画は10月1日までの前期のみ展示。後期は秀吉やその母・大政所の肖像画が並ぶ。9月21日、10月4、8日休み。拝観料大人千円、中高生700円、小学生以下無料。問い合わせは京都春秋事務局075(231)7015。

【 2017年09月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
  • 狩野探幽筆の方丈障壁画(京都市北区・大徳寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

      20180620000040

       18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]