出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

清少納言の衣装、紅色引き立つ 京都・時代祭

新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)
新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

 京都三大祭りの一つ、時代祭に使用される衣装の一部が新調され、12日に京都市左京区の平安神宮でお披露目された。平安時代婦人列の清少納言が身に付ける「十二単(ひとえ)」が一新され、時代行列に華やかさを添える。

 清少納言の衣装の新調は27年ぶり。このうち、最も上に着る唐衣(からぎぬ)や、その内側の打衣(うちぎぬ)の一部には、光沢を出す「板引(いたびき)」という伝統技法が用いられ、紅色が引き立つ仕上がりとなった。スカート状の裳(も)には、松や海辺の絵柄が描かれている。

 また、幕末に活躍し維新志士列に登場する三条実美(さねとみ)の父実万(さねつむ)の衣装は、公家装束の直衣(のうし)やはかまの一種の指貫袴(さしぬきのはかま)を新調した。時代祭を主催する平安講社によると、これらに加えて豊公参朝列の武将増田長盛(ましたながもり)の袍(ほう)など計213点を約520万円かけて新しくしたという。

 時代考証を担当する猪熊兼勝・京都橘大名誉教授は「忠実に再現されており、風俗史の歩く論文と言える行列だ」と話した。

 時代祭の行列は22日正午に京都御苑を出発する。雨天の場合は23日に順延される。

【 2017年10月12日 23時20分 】

ニュース写真

  • 新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      海自の潜水艦から最新装置誤発射
      四国沖太平洋で訓練中、被害

      20180524000205

       海上自衛隊の潜水艦「せきりゅう」が24日未明、四国沖の太平洋で訓練中、魚雷攻撃を避ける..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大、反則問題で従来の主張踏襲
      意図的指示せず、関学大に再

      20180524000133

       アメリカンフットボールの悪質な反則問題で、日本大は24日、危険なタックルに至った経緯な..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都遺産第2弾に3件認定 水の文化、京町家、明治の近代化

      20180524000055

       京都市は、市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]