出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

29歳秘書が見た寂聴さんの素顔 執筆や闘病つづる

瀬戸内寂聴さんの「魅力を知ってほしい」と話す瀬尾まなほさん(京都市右京区・寂庵)
瀬戸内寂聴さんの「魅力を知ってほしい」と話す瀬尾まなほさん(京都市右京区・寂庵)

 作家・瀬戸内寂聴さん(95)の秘書、瀬尾まなほさん(29)が瀬戸内さんとの日々を書いた「おちゃめに100歳! 寂聴さん」(光文社刊)を出版した。瀬戸内さんの小説執筆への揺るぎない思いや、闘病生活などの素顔を詳細につづった。

 瀬尾さんは京都外国語大卒業後、2011年に瀬戸内さんの事務所に就職した。スタッフ4人が一度に辞めた13年以降は、瀬戸内さんの仕事の管理や、身の回りの世話を一手に引き受けてきた。

 「秘書の経験はありませんでしたが、『あそこの秘書は若いからダメだよね』と言われるなどして瀬戸内の評判を下げることだけはしたくなかった」。細かいことも全て瀬戸内さんと話し合い、瀬戸内さんや仕事関係者らとの信頼関係を築いてきた。

 瀬戸内さんは14年に腰椎の圧迫骨折と胆のうがんの手術をし、今年に入って脚と心臓にカテーテル手術を受けた。痛みに苦しんだり、手術を受けることを拒んだりする瀬戸内さんの姿や、看病が続いて追い込まれた瀬尾さん自身の思いもありのままにつづった。

 瀬戸内さんの人間味あふれる姿も印象的だ。締め切りが近づいても、週刊誌のゴシップを読んだり、のんき気ままにお菓子をボリボリ食べたり。だが執筆すると決めた途端、目の色は変わり、コーヒーをひとくちも飲まずに集中する。

 瀬戸内さんに出会うまで、瀬尾さんは自信を失いがちで「わたしなんか」が口癖だった。「私自身は特別な才能やたくさんの資格を持っているわけではない。でも『この人のためだったら何でもできる』と思える人と出会えたことで、人生が変わった。家族、友達など誰でもいい。大切な人を持つことが、生きていくうえでの大きな道しるべになると思います」

 ■瀬戸内寂聴さんの話

 年齢差は66歳ありますが、最初に会った時から「この人なら合うな。この人の良さは優しさだ」と思いました。雇い主と雇われ人の関係ではなく、友達です。会った瞬間から私を笑わせてくれるのも良さで、今までの人生で一番笑っています。

【 2017年12月09日 22時00分 】

ニュース写真

  • 瀬戸内寂聴さんの「魅力を知ってほしい」と話す瀬尾まなほさん(京都市右京区・寂庵)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      食品工場でガス漏れか、札幌
      従業員5人搬送、命に別条なし

      20180621000248

       21日午後8時半ごろ、札幌市厚別区厚別東5条1丁目の食品加工会社「弁釜」の工場から「ガ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      デンマーク1―1オーストラリア
      互いに勝ち越せず引き分け

      20180621000247

       互いに好機はあった中で勝ち越せず、引き分けた。オーストラリアは0―1の前半38分、PK..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鷹山、2022年巡行復帰へ 祇園祭、約200年ぶり

      20180621000131

       祇園祭後祭(あとまつり)の「休み山」の鷹山(京都市中京区三条通室町西入ル)について、鷹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      センサー付き衣類で作業員の健康把握 立命館大チーム開発

      20180621000233

       センサーや通信機器を組み込んだ次世代型の衣類「スマートウエア」を活用し、建設現場で作業..... [ 記事へ ]