出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

終戦時の京大にウラン105キロ 原爆製造には不足

戦時中に京都帝国大の核物理研究室が持っていた酸化ウランなど核物質計105キロの内訳を記した米軍の最高機密文書。調査は1946年2月25日付(米国立国会公文書館所蔵)
戦時中に京都帝国大の核物理研究室が持っていた酸化ウランなど核物質計105キロの内訳を記した米軍の最高機密文書。調査は1946年2月25日付(米国立国会公文書館所蔵)

 戦争中に原爆を開発しようとした京都帝国大で、終戦時に確保していたウランの量が21日、米国が最高機密指定を解除した文書から明らかになった。京大の物理学教室に計約105キロの天然の酸化ウランなどがあり、大阪造幣局に米軍が移送した。京都新聞の取材で先月、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士の終戦前後の日記に京大の原爆研究「F研究」への関与を自ら記していたことが明らかになったが、原爆製造に十分な資源を確保できず実現性は乏しかったことが改めて確認された。

 機密文書は米国立公文書館所蔵で、終戦翌年の1946年3月1日付。物理学者でもある米軍フィッシャー少佐が作成した。

 米軍が京大の荒勝文策教授(原子核物理学)の研究室で建設中の円形加速器サイクロトロンを破壊、撤去した際に押収し大阪造幣局に移送した核物質の目録。段ボール16箱に入った淡黄色の酸化ウランが計約86キロ、黒い酸化ウラン1キロ、硝酸ウランの小瓶2本計400グラムなどと、種別や容器別に報告している。純度99%のラベルを貼った重水を収めたガラス管36本も記されている。

 元京大講師で核物理に詳しい荻野晃也・電磁波研究所長は「天然ウランには0・7%程度しか核分裂性のウラン235が含まれておらず、核兵器で使うには高濃度に濃縮が必要だ。戦争中の京大が、原爆製造にほど遠い、わずかな原料しか確保できなかったことが分かる。海軍から供給された点を含め、京大の原爆研究の実態を知る上で貴重な資料だ」と話している。

 京大への核物質調査に関しては48年4月15日付の米機密文書も判明した。地質学講座や医学部などが持っていた数十グラム単位の放射性物質の試料についても、入手元や戦時中の使用量を捜査している。荒勝研究室について、戦時中に海軍省から酸化ウラン16箱と約20キロを入手、戦後に米軍が押収した経緯まで記されている。「戦時実験」で硝酸トリウム1キロを消費したとも記載。48年時点でも同研究室には硝酸ウランと硝酸トリウムが計約13キロを保有とある。冷戦下の米国諜報機関が核物質の管理に目を光らせていたことがうかがえる。

 ■ウラン濃縮

 原爆や原子力発電で使われ、核分裂を起こすウラン235を天然ウランから濃縮する技術や連鎖反応を起こす技術は、戦時中の日本では未確立だった。核兵器には90%以上の高濃縮が必要とされる。京大は遠心分離法を検討していた。重水は核分裂反応の減速材として使われる。広島に投下された原爆「リトルボーイ」には濃縮されたウラン235が約64キロ使われた。

【 2017年12月22日 07時00分 】

ニュース写真

  • 戦時中に京都帝国大の核物理研究室が持っていた酸化ウランなど核物質計105キロの内訳を記した米軍の最高機密文書。調査は1946年2月25日付(米国立国会公文書館所蔵)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      リュックマナー、なぜ東高西低 京都市営地下鉄で調べると

      20180721000123

       関東では電車内のリュックの前抱えはかなり浸透していたが、関西ではめったに見ない。なぜ関..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大阪ガス4強入り、都市対抗野球
      セガサミー準々決勝へ、第9

      20180721000094

       都市対抗野球大会第9日は21日、東京ドームで3試合が行われ、準々決勝で大阪ガス(大阪市..... [ 記事へ ]

      経済

      豪雨時、車自動ブレーキ過信禁物
      JAFが検証、作動しないこ

      20180721000068

       日本自動車連盟(JAF)が車の自動ブレーキに関し、豪雨時に正常に作動しないこともあると..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      連日猛暑もプール営業できず 京都・舞鶴、西日本豪雨で設備水没

      20180721000044

       西日本豪雨の影響で、京都府北部有数の大型レジャープール「舞鶴文化公園プール」(舞鶴市上..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]