出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

複雑に泣く子は言葉の発達早く 京大、赤ちゃん調査

 新生児は、複雑な泣き方をするほど1歳半で話せる言葉の数が多くなる傾向があることが、京都大教育学研究科の明和政子教授らのグループの研究調査で分かった。泣き声のバリエーションが発達予測の手法となる可能性を示す結果で、国際科学誌に23日発表する。

 グループは、満期産児30人、妊娠37週未満で生まれ満期日まで成長した早産児77人の計107人について、泣き声を録音して音響解析し、さらに1歳半時点で言葉などの発達検査を行った。

 泣き声と検査結果の関係を調べると、音域が広く複雑な泣き方をする方が単調な場合よりも検査結果が良かった。早産児は特にこの傾向が強かった。

 明和教授は「豊かな泣き声を誘発するような環境が大切だと示唆される。早産児については命を救うだけでなく、語りかけなどの発育支援も大切だと考えられる」と話している。

【 2017年12月23日 00時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      退位、陛下の決断に国民が理解
      スウェーデン国王が会見

      20180424000186

       来日中のスウェーデンのカール16世グスタフ国王夫妻が24日夜、東京都内で記者会見し、来..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      衣笠氏「少年時代のヒーロー」
      DeNA戦の横浜、悼む声

      20180424000202

       プロ野球DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは24日夜、衣笠祥雄氏が所属していた広島との..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時130ドル超高

      20180424000207

       【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]