出版案内
福祉事業団

複雑に泣く子は言葉の発達早く 京大、赤ちゃん調査

 新生児は、複雑な泣き方をするほど1歳半で話せる言葉の数が多くなる傾向があることが、京都大教育学研究科の明和政子教授らのグループの研究調査で分かった。泣き声のバリエーションが発達予測の手法となる可能性を示す結果で、国際科学誌に23日発表する。

 グループは、満期産児30人、妊娠37週未満で生まれ満期日まで成長した早産児77人の計107人について、泣き声を録音して音響解析し、さらに1歳半時点で言葉などの発達検査を行った。

 泣き声と検査結果の関係を調べると、音域が広く複雑な泣き方をする方が単調な場合よりも検査結果が良かった。早産児は特にこの傾向が強かった。

 明和教授は「豊かな泣き声を誘発するような環境が大切だと示唆される。早産児については命を救うだけでなく、語りかけなどの発育支援も大切だと考えられる」と話している。

【 2017年12月23日 00時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンブルガーSVに新監督
      酒井高、伊藤が所属

      20180122000218

       サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは22日、現役..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、18年は1・2%成長
      IMF、予想を上方修正

      20180122000222

       【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は22日、世界経済見通しを改定し、日本の実質経..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]