出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

法然像清めて新年支度 京都・知恩院で御身拭式

念仏を唱える声と木魚の音が響く中、法然の木像のほこりを払う僧侶たち(25日午後1時25分、京都市東山区・知恩院)
念仏を唱える声と木魚の音が響く中、法然の木像のほこりを払う僧侶たち(25日午後1時25分、京都市東山区・知恩院)

 京都市東山区の浄土宗総本山・知恩院で25日、新年を前に宗祖法然の木像のほこりを払う「御身拭(おみぬぐい)式」が営まれた。息が掛からないよう「覆子(ぶくす)」というマスクを着けた僧侶たちが、白い布でゆっくりと像をふいた。

 御身拭式は1650年頃から始まったとされる歳末の行事。木像をまつる法然上人御堂では冒頭、伊藤唯真門跡(86)ら僧侶が法要を行った。

 「南無阿弥陀仏」の念仏と木魚の音が響き渡る中、僧侶が御堂内陣にある厨子(ずし)の扉を開け、慎重に像を外へ運び出した。伊藤門跡と菅原達孝副門跡(86)が香で清めた羽二重と呼ばれる絹織物の布を使い、丁寧に像の顔や腕をぬぐった。

 堂内には約800人の参拝者が集まり、僧侶たちの動きに見入りながら、来る年への思いを新たにしていた。

【 2017年12月25日 19時40分 】

ニュース写真

  • 念仏を唱える声と木魚の音が響く中、法然の木像のほこりを払う僧侶たち(25日午後1時25分、京都市東山区・知恩院)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]