出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

全国「銀」、障害者のパン人気 滋賀、出張販売も伸びる

慣れた手つきでパンの成形を手掛ける利用者(野洲市辻町・第2にっこり作業所)
慣れた手つきでパンの成形を手掛ける利用者(野洲市辻町・第2にっこり作業所)

 身体・知的障害のある人たちが働く滋賀県野洲市辻町の「第二にっこり作業所」のパンが人気だ。障害者がパン作りの腕を競う全国大会では銀賞を受賞し、味は折り紙付き。作業所の利用者は製造工程のほぼ全てを任され、やりがいと責任感を感じている。出張販売先も徐々に増えており、パンを中心に笑顔の輪が広がっている。

 午前10時半の開店時間が近づくと、作業所の一角にある「にっこりパン工房」に焼きたての約30種類が並ぶ。昼時には車に乗って出張販売へ。両方合わせて1日300~400個を売り上げる。

 パン製造販売は、1996年の同作業所開設と同時にスタート。運営する社会福祉法人「悠紀会」が、パンづくりを柱の一つに据えてオーブンなどの設備を整えた。車も2台用意し、市役所などへの訪問販売を始めた。

 開業当初は、ほとんどの作業を職員がしていた。2001年ごろから仕込みの方法を変え、利用者が関わる仕事を徐々に増やした。今では材料の計量から焼き上げ、陳列、接客まで、ほとんど全てが利用者の仕事だ。

 辻明恵さん(35)=同市北野1丁目=は焼き上げ担当。パンの種類ごとに温度や焼く時間が異なるため、自分で焼成時間の一覧表を製作。温度や湿度によって、微調整も行う。「失敗したこともあるが、売れるのを見るとうれしい」と語る。

 13年には全国の障害者が競い合うコンテスト「チャレンジド・カップ」で銀賞に輝いた。大会では職員の手助け厳禁で、引率したパン担当職員の木戸弘美さんは「みんなが責任感を持って取り組んでくれている」と喜ぶ。

 パン工房の定休日は土~月曜と祝日。9日まで休み。同工房077(588)0503。

【 2018年01月06日 11時49分 】

ニュース写真

  • 慣れた手つきでパンの成形を手掛ける利用者(野洲市辻町・第2にっこり作業所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      高知で龍馬の思想や行動学ぶ学会
      研究者やファンら参加

      20180526000133

       坂本龍馬の思想や行動に学ぶ「現代龍馬学会」が26日、高知市で開かれ、特別講演した福井市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関学―日大の定期戦中止「残念」
      日本アメフット協会会長

      20180526000149

       日本アメリカンフットボール協会の国吉誠会長は26日、東京都内で開いた理事会後に取材に応..... [ 記事へ ]

      経済

      米、中国のZTEへの罰金減額
      北朝鮮で協力得る狙いも

      20180526000097

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は25日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      光秀の周山城、全体像判明 織豊期の特徴示す、京都市測量

      20180526000093

       戦国武将の明智光秀が京都市右京区京北周山町に築いたとされる大規模な山城「周山城」の跡地..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      先端教育や朝鮮語習得に力 京都朝鮮初級学校、移転から5年

      20180526000088

       在日朝鮮人の児童らが通う「京都朝鮮初級学校」が京都市伏見区の現在地に移転し、新校舎が完..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      皇太子さま「緑と水、大切さ理解を」 滋賀でみどりの愛護式典

      20180526000058

       第29回全国「みどりの愛護」のつどいの式典が26日午前、滋賀県長浜市田村町の長浜バイオ..... [ 記事へ ]