出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

車いすバド、共に世界へ 20年東京目指す滋賀の2人

2人で練習に励む江上さん(左)と福家さん=草津市笠山8丁目・県立障害者福祉センター
2人で練習に励む江上さん(左)と福家さん=草津市笠山8丁目・県立障害者福祉センター

 「頼りになる存在。70歳になってもバドミントンを続けてほしい」「日本のトップ。引っ張っていってほしい」-。互いを信頼しながら、滋賀でパラバドミントンの車いすクラスに取り組む2人の選手がいる。栗東市綣3丁目の江上陽子さん(56)=BNPパリバ証券=と、守山市播磨田町の福家(ふけ)育美さん(32)=SMBC日興証券。正式競技となる2020年の東京パラリンピックに向け、練習を重ねる。

 大阪府東大阪市出身の江上さんは大阪で働いていた07年、車いすバドの体験教室に参加。「車いすで好きな所に行けるし、シャトルも打てる」と一度でとりこになった。近畿一円で練習場所を探し、09年に滋賀に移住、草津市の県立障害者福祉センターで活動するクラブ「トップシャトル滋賀」に加わった。13年にドイツで開かれた世界選手権では三つのメダルを獲得した。

 江上さんに誘われ湖国に来たのが、長崎県出身の福家さんだ。陸上からバドに転向し、江上さんと練習する中で、13年に滋賀に移り住んだ。一昨年夏の出産を経て、昨年5月には国際大会に復帰、11月に韓国で行われた世界選手権では、ダブルスで3位になった。

 車いすクラスでは、シングルスは通常のコートの半面を使い、ネットに近い面に落ちたものはアウトになる。前後に細かく動くための車いすの操作、相手との駆け引きが必要とされる。年齢も競技歴も違う2人だが、週2回はともに練習し、高め合う。

 互いについて、江上さんは「誘ったころと比べ、成長がすごい。強い気持ちで取り組んでいる」と世界のトップと争う後輩をたたえ、福家さんは「自分が56歳になったときに、世界大会に出ていられるかどうか。合宿でも他の選手のことを気に掛けてくれる」と信頼を寄せる。

 2人が今年の目標に掲げるのが、中国、タイなど強豪国が集う今秋のアジアパラ競技大会だ。江上さんは「世界選手権よりも厳しい戦いになる。力を試したい」、福家さんは「一つ一つの大会でメダルを目指し頑張る」と語った。

【 2018年02月07日 14時17分 】

ニュース写真

  • 2人で練習に励む江上さん(左)と福家さん=草津市笠山8丁目・県立障害者福祉センター
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代劇・朝ドラ、小道具担い100年 京都・高津商会の歴史

      20180525000098

       旗本退屈男、水戸黄門、必殺仕事人といった京都発の時代劇からNHK連続テレビ小説、「新婚..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]