出版案内
福祉事業団

ブラックバスの皮で高級小物 琵琶湖の漁協が供給

琵琶湖産ブラックバスの皮を丹念になめしたコードバンの革小物製品(大阪市・ウォームスクラフツマニュファクチャー)
琵琶湖産ブラックバスの皮を丹念になめしたコードバンの革小物製品(大阪市・ウォームスクラフツマニュファクチャー)

 琵琶湖に生息するブラックバスの皮を使った高級革小物を、兵庫県の皮革メーカーが開発した。独自の加工法で、特有のでこぼこした手触りや光沢のある質感を生かした。米国の展示会で披露した。北米原産の外来魚が革製品に生まれ変わり、「祖国」でデビューする。

 馬の革製品を手掛けるコードバン(兵庫県姫路市)。社長の新田芳希さん(46)がバス釣りを趣味にしていることから、革製品への活用を思いついた。琵琶湖の沿岸各地にある漁業協同組合に連絡し、ブラックバスの皮の調達を働き掛けたところ、沖島漁協(滋賀県近江八幡市)が快諾。漁で取れたバスの皮を冷凍保存し、供給してくれることになった。

 バスの皮からうろこを剝がした後、試行錯誤を繰り返して配合した薬品で臭いと油分を取り除く。丹念になめして乾燥させ、塗装でつやを出すと完成する。全工程に2週間かかる。

 ラテン語で魚を意味する「PISCINE(ピサイン)」のブランド名で昨春から注文販売を始めた。名刺入れや財布などをそろえるほか、近畿大の養殖マグロの皮を使った革小物もある。ワニやヘビなどの動物皮革は模様や触感が独特なことから「エキゾチックレザー」と呼ばれるが、バスの革小物はさらに珍しいため、バス釣り愛好者らの人気を集めた。

 手応えを得た同社は、長財布やカードケースなど新作7点を考案し、米国で9日に始まったビンテージファッションの見本市に初めて出品した。今春にはJR大阪駅近くの商業施設「イーマ」(大阪市)にある直営店で店頭販売も始める。

 新田社長は「琵琶湖は全国のバス釣りファンの聖地。琵琶湖産ブラックバスの魅力をPRし、エキゾチックレザーの定番に仲間入りさせたい」と夢を語る。

【 2018年02月11日 11時50分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖産ブラックバスの皮を丹念になめしたコードバンの革小物製品(大阪市・ウォームスクラフツマニュファクチャー)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都市バス、ラオスで活躍中 34台寄贈、外観そのまま

      20180225000095

       京都市からラオスに2016年に贈られた市バス車両が、昨年11月から首都ビエンチャン特別..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤ3―3日(25日)
      平沼が2ラン

      20180225000087

       日本ハムの3年目の平沼が途中出場し、八回に右中間へ2ランを放った。新人の清宮は選球眼の..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・木津川にPLANT出店へ 山城地域で事業拡大

      20180225000084

       スーパーとホームセンターを融合させた大型店を展開する「PLANT」(本社・福井県坂井市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      演劇人インタビュー600人 京都の男性らサイトで魅力発信

      20180225000082

       「必死こいて芝居をやっている人たちの叫びを届けたい」-。京都市内の男性が「京都の演劇人..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]