出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

昼寝の関連遺伝子、世界初発見 体温調節でぐっすり

 「昼寝」の前に体温を調節する遺伝子を見つけたと、京都大薬学研究科の土居雅夫准教授と米国シンシナティ小児病院の濱田文香准教授らが発表した。「昼寝」に関連する遺伝子の発見は世界初で、米科学誌で13日掲載された。

 昆虫や哺乳類などは、一日の昼や夜の活動期において一時的に体温を下げて休息をとることが知られている。体温を下げるのは、体内で余分なエネルギーが作られるのを抑えるためと考えられているが、体温調節の仕組みは不明だった。

 グループは、ショウジョウバエでは「DH31受容体」と呼ばれるタンパク質を作る遺伝子が、「昼寝」前の体温調節に関わっていることを突き止めた。自身で体温が変えられない変温動物であるハエは、自らが好む温度の場所に移動する性質を持ち、通常は「昼寝」前に温度が低い場所に移動するが、このタンパク質がなくなると、その移動が見られなくなった。

 また、哺乳類のマウスでは、タンパク質「カルシトニン受容体」を作る遺伝子が、「昼寝」前の体温調節に関わることを確かめた。このタンパク質がないと、活動期特有の体温変化がなくなった。

 ハエおよびマウスともに、今回見つけたタンパク質は、体内時計を作り出すのと同じ脳内の神経細胞で作られていた。カルシトニン受容体はヒトにもあり、同様の働きを持っていると考えられるという。

 土居准教授は「昆虫と哺乳類は進化の上では6億年以上前に枝分かれしたとされるが、その頃から一時的な体温調節の仕組みを持っていたことになる。この仕組みが、睡眠にどのような影響を与えるのかさらに調べていきたい」と話している。

【 2018年02月14日 06時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]