出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

魚の分布、水中DNAで推測 京大助教が成功

 滋賀県や京都府などの河川に生息する魚の分布を水中に放出されたDNAを使って推測できたと、京都大フィールド科学教育研究センターの中川光助教らが発表した。実際に個体を観察して確認するよりも簡単な生態調査の実現につながる。米科学誌に28日、掲載する。

 環境保全のため地球上の生物多様性の維持が重視される中、生物個体の観測には労力がかかることが課題だった。水に暮らす生物の多様性を調べるには、採取した水に含まれる表皮やふんなどに由来するDNAを分析することが有用とみられていたが、精度は未確認だった。

 中川助教らは、2014年8~10月のうち10日間、滋賀県や京都府など51河川の102カ所から水を採取。DNAを解析したところ、琵琶湖博物館などが魚を実際に観察して把握していた44種のうちアユやヤマメなど38種を確認できた。またこれまで観察記録のなかった場所でもハスやハリヨのDNAを検出した。

 中川助教は「DNAを使っても高い精度で生態調査できると分かった。今後、藻類や昆虫などほかの種でも調べてみたい」と話す。

【 2018年02月28日 00時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      4人がピッチに乱入
      W杯決勝、政治PRか

      20180716000006

       【モスクワ共同】ロシアのスポーツ紙スポルト・エクスプレス(電子版)によると、15日に行..... [ 記事へ ]

      経済

      本場も認めた、グラニータで世界一 京都のジェラート職人親子

      20180715000063

       ジェラートの一種「グラニータ」の本場イタリアで開かれた国際大会で、京都のジェラート職人..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3連休中、人波と熱気に包まれ 祇園祭・前祭宵々山

      20180715000102

       祇園祭の前祭(さきまつり)は15日、宵々山を迎え、京都市中心部の四条通や烏丸通の一部が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]