出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

被災地の神楽巡行、記録映画に 10日から関西初上映

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県宮古市を本拠地とする黒森神楽(重要無形民俗文化財)が三陸沿岸各地を巡行(じゅんぎょう)する様子を記録したドキュメンタリー映画「廻(まわ)り神楽」(製作ヴィジュアルフォークロア)が10日から、大阪市の第七藝術劇場で上映される。

 黒森神楽は1月から3月にかけ、黒森神社(宮古市)の神霊を移した「権現様」と呼ばれる獅子頭を携え、三陸沿岸の久慈市から釜石市まで南北150キロに及ぶ地域を巡り、「神楽宿」と呼ばれる家々でさまざまな祈りを込めた神楽を舞う。「北廻り」と「南廻り」を隔年で交互に行い、340年以上前から続くとされる。

 震災後、軽快な囃子(はやし)と力強い舞で被災者を勇気づけてきた黒森神楽。映画は2カ月余りの巡行に密着し、神楽衆や、神楽宿を提供する地域住民の震災体験や神楽への思いを映し出す。また津波被害が繰り返されてきた歴史や自然と一体化した人々の営みを見つめ、神楽がどう関わってきたかを浮き彫りにしている。

 昨年8月から三陸各地や東京で上映してきたが、関西では初めて。共同監督・プロデューサーの遠藤協さん(37)は「被災地にはこれほど濃密な伝統が息づいている。伝統が続いているということは、そこに意味があり、災害に直面するとその意味が際立ってくるということを、長い伝統のある関西の人にも感じてほしい」と話している。

 23日まで(延長の可能性あり)。午後1時10分から。一般1800円。10日は上映後に遠藤監督らのトークもある。同劇場06(6302)2073。

【 2018年03月03日 05時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      金属代用とは思えぬ完成度、戦時中の陶磁製品 大津で展示

      20180621000090

       大津市滋賀里1丁目の大津市埋蔵文化財調査センターは、戦争中に金属製品の代用として製造さ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、杉田が世界7位倒し8強
      ゲリー・ウェバーOP

      20180621000022

       【ハレ(ドイツ)共同】男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは20日、ドイツのハレで行..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      潮風に揺れるラベンダー、香り楽しんで 京都・京丹後で見頃

      20180621000063

       京都府京丹後市丹後町の高嶋海岸を見渡せる丘陵にある「海の見えるラベンダー畑」が見頃を迎..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東海第2原発の耐震実験を公開
      報道陣に、規制委も同行

      20180621000062

       日本原子力発電は21日、再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)の設備の耐震性を調べる実験..... [ 記事へ ]