出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪と一線を画す厳格姿勢
競技日程はバランスが重要

 インタビューに答えるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=8日、韓国・平昌(共同)
 インタビューに答えるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=8日、韓国・平昌(共同)

 【平昌共同】国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長(41)=ブラジル=が8日、平昌冬季パラリンピック開幕を前に共同通信のインタビューに応じ、ロシアの国ぐるみのドーピング問題で、平昌五輪の閉幕後に資格停止処分を解除した国際オリンピック委員会(IOC)とは一線を画す厳格な姿勢を示した。

 ―今大会は「中立のパラリンピック選手(NPA)」として個人資格での参加を容認した。

 「2016年リオデジャネイロ大会ではロシアを全面除外したが、今回は堅実な手続きを踏んで厳しい条件をクリアした選手を対象にベストの決断をした。IOCとは組織の構造が違う。比較するべき話ではない」

 ―ロシアの資格回復はいつごろになるのか。

 「状況は非常にクリアだ。ロシアが国主導の不正を公式に認め、世界反ドーピング機関(WADA)がロシアの反ドーピング機関の処分を解除する二つの条件がある。ボールはロシア側にある」

 ―平昌五輪は政治色が強く、欧米のテレビを重視して昼夜問わない競技日程が課題となった。

 「パラリンピックも国際的なテレビ放送権が拡大しているが、選手第一の視点が大切だろう。マーケティング戦略とのバランスが重要になる」

 ―20年東京大会は自転車ロード種目の会場が富士スピードウェイ(静岡県小山町)の発着で決まり、全22競技の会場が出そろった。

 「注目に値する場所で、世界中が富士山の美しい景観をバックに楽しめると想像できる。詳細なコース設定はこれからだが、最良の選択だ」

 ―東京大会の期待は。

 「大会マスコットも決まり、政府、民間、メディア、国民の関心が非常に高い。過去最高の大会になると確信している」

【 2018年03月08日 18時36分 】

ニュース写真

  •  インタビューに答えるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=8日、韓国・平昌(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イラン、スペイン戦へ「高揚」
      第2戦へ会見「ハードワークで

      20180620000001

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)で1次リーグB組のイランを率いるケイロス..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]