出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジビエ販売「上世屋獣肉店」が完成 京都・宮津、移住促進に

近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)
近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)

 京都府内有数の豪雪地帯として知られる宮津市上世屋に簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」が完成した。近くの野山で捕獲したシカやイノシシを解体処理し、ジビエ(狩猟肉)として販売。冬場のなりわいづくりや収入確保につなげる狙いだ。

 山あいにある上世屋では棚田で米作りなどが行われているが、冬季は2メートル近い雪に覆われ、通年の農業に適さない。出稼ぎする人も多く、地域の過疎化に拍車を掛けていた。

 小さな共同体を維持していくための方策を模索する中、住民有志でつくる「ドチャック会議」(上世屋定住促進協議会)代表で農家の小山愛生さん(36)が移住前の会社員時代から趣味として狩猟を続けていたことから、ジビエの販売で生計を立てる手段とするため獣肉の解体施設を造ることにした。

 施設は木造平屋建て約35平方メートルで事業費は約650万円。府や市の補助金を活用した。処理頭数が少なくても黒字化できるようコストを抑え、解体作業台や洗い場、冷蔵庫など最低限の設備で解体から加工まで行う。

 開設に当たって南丹市美山町で研修を受け、解体技術や商品化のノウハウを学んだ小山さん。「施設の完成をきっかけに狩猟が職業の選択肢の一つになり、移住者の増加につながればうれしい」と話す。問い合わせは小山さん090(6271)1397。

【 2018年03月13日 11時55分 】

ニュース写真

  • 近くの野山で捕獲したシカやイノシシをジビエとして販売するための簡易獣肉解体施設「上世屋獣肉店」(宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      分刻みスケジュール、支持訴え熱帯びる 滋賀県知事選

      20180617000137

       24日の投開票まで1週間となった滋賀県知事選は17日、最後の日曜日を迎え、新人の近藤学..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯出場イングランド監督が会見
      「若い選手のプレーが楽しみ

      20180618000012

       【ボルゴグラード共同】サッカーのワールドカップ(W杯)に出場するイングランドのサウスゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      日本全国の米ずらり 京都BALにAKOMEYA、7月開店

      20180617000128

       コメを中心に食品や雑貨を販売する「AKOMEYA(アコメヤ) TOKYO」が7月7日、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      長刀鉾稚児、大役の決意伝達 京都・祇園祭「結納の儀」

      20180617000117

       祇園祭前祭(さきまつり)の長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)が、今年の稚児で同志社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙、懐かしい感じした」 山崎直子さん、京都で講演

      20180617000021

       日本人女性2人目の宇宙飛行士、山崎直子さん(47)を招いた講演会が16日、京都市左京区..... [ 記事へ ]