出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

急病の猫や犬、慌ただしく 動物救急センターに密着

深夜にも多くの「患者」が訪れる京都夜間動物救急センター(京都市南区)
深夜にも多くの「患者」が訪れる京都夜間動物救急センター(京都市南区)

 京都夜間動物救急センター(京都市南区)が開設して今年で3年目を迎えようとしている。ある夜の診察の様子を追った。

 【午後9時10分】 診察時間前の院内に電話の着信音が響いた。種類、症状、病歴、年齢などを動物看護師が落ち着いた声で飼い主に問う。「初めて診るから、詳しく聞かないと処置の準備ができない」。猫の足が腫れているという。

 【9・25】 自宅でけいれんしたというシバイヌが来院。医師は治療を終えるとすぐに昼の医師に引き継ぐカルテを書き始めた。

 【9・30】 診療開始直後に飛び込みで猫が訪れ、電話も相次いで3本鳴る。週末や盆、正月などは件数が多いという。

 【10・00ごろ】 先ほどの足の腫れた猫がケージに入り訪れた。面倒を見る伏見区の中嶋裕二さん(66)は、「野良猫でね。2週間前にけがで手術したんだよ」。医師は猫に優しく声を掛けながら処置した。中嶋さんは、「『あまちゃん』って呼んでるんや。安心して眠れるわ」。

 【0・15】 26キロもある「ケヅメリクガメ」が台車に乗ってきた。右前足の爪がとれ出血していた。カメは珍しく、これまでで3例目という。

 【2・00】 診察時間を終えた。1日平均5件が訪れ、この日は9件だった。

 電話をしてから来院するルールで、状況によっては自宅で様子を見てもらうこともあるそうだ。三木無量院長(31)は「すべての症状に対処できているわけじゃない。輸血など治療の幅を広げたい」と語る。インターネットで調べて来院した飼い主も多く、市獣医師会は「より市民へ周知したい」と話す。1日の診察数はまだ余力があるという。

 症状が悪い大切な「家族」と過ごす不安を和らげるという点で、飼い主などヒトの心にとって必要性は大きいと感じた。

■京都夜間動物救急センター

 市獣医師会が、2015年に市と府が南区の上鳥羽公園に動物愛護センターを設立したのに合わせて開設。医療器具を寄付し、運営も行っている。医師と看護師の計6人が交代で勤務する。電話075(693)9912。

【 2018年03月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 深夜にも多くの「患者」が訪れる京都夜間動物救急センター(京都市南区)
  • 立て続けに動物が訪れ、慌ただしくなる処置室
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都・向日町競輪場、ガラス散乱 大阪北部地震で開催中止

      20180618000198

       18日発生した大阪北部地震の影響で、JR向日町駅(寺戸町)では、改札口付近の支柱が破損..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スウェーデン1―0韓国
      スウェーデンが押し切る

      20180618000196

       終始優勢に試合を進めたスウェーデンが押し切った。得意の速攻が威力を発揮する展開にはなら..... [ 記事へ ]

      経済

      タンスに眠る着物シェア 京都の起業家が新ビジネス

      20180618000164

       タンスに眠っている着物を預かり、所有者間で互いに利用してもらうビジネス「シェアクロゼッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文モダン住宅も土壁など被害 大阪北部地震

      20180618000187

       京都府教育委員会と京都市の両文化財保護課によると、国宝や重要文化財の地震被害では18日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]