出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「わらじ医者」早川さん、長寿番組終了へ KBSラジオ

1500回の放送でスタジオに詰めかけたリスナーを前に笑みを浮かべる早川さん。30年余り続く長寿番組が31日で終了する(2016年7月2日、京都市上京区・KBS京都)
1500回の放送でスタジオに詰めかけたリスナーを前に笑みを浮かべる早川さん。30年余り続く長寿番組が31日で終了する(2016年7月2日、京都市上京区・KBS京都)

 「わらじ医者」で知られる早川一光さん(94)がパーソナリティーを務め、KBS京都のラジオで毎週土曜早朝に放送されている「早川一光のばんざい人間」が、31日に最終回を迎える。開始から30年余りとKBSラジオの生ワイド番組で最長寿だったが、早川さんが重い病気を患ってからは代役の出演が多くなったため、春の番組改編を機に終了することになった。

 番組は1987年10月にスタート。堀川病院(京都市上京区)で地域医療に長年携わった早川さんならではの視点で、健康や医療に関する情報を紹介し、高齢者問題や平和の大切さを語ってきた。公開生放送も特徴で、毎回数十人のリスナーが参加していた。

 放送を27年間休まなかった早川さんだが、2014年に血液がんの一種の多発性骨髄腫であることが分かり、3カ月近く休演。早川さんが顧問を務める「認知症の人と家族の会」の高見国生代表理事や主治医の根津幸彦医師らが助っ人を務めた。早川さんも症状が落ち着いてからは月1度程度は出演し、16年7月に1500回の節目を数えた。

 昨年から早川さんの病状が進み、番組を休みがちになったという。KBS京都は「体力的に限界と判断し、終了を決めた」と説明している。

【 2018年03月23日 16時30分 】

ニュース写真

  • 1500回の放送でスタジオに詰めかけたリスナーを前に笑みを浮かべる早川さん。30年余り続く長寿番組が31日で終了する(2016年7月2日、京都市上京区・KBS京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都市長、地震発生後に渡仏 被害は確認、記念式典出席へ

      20180619000069

       大阪府北部で起きた地震を受け、京都府は18日、京都市上京区の府庁で災害対策本部会議を開..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳の日本勢、欧州GPから帰国
      17歳池江璃花子「自信つい

      20180619000046

       競泳の欧州グランプリを終えた日本勢が19日、成田空港に帰国した。女子で100メートルと..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、キャンセル相次ぐ 大阪北部地震、開店遅れも

      20180618000180

       大阪府北部を中心に被害が出た地震は、京都、滋賀の経済活動にも影響を及ぼした。交通機関が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「建築界の宝」も無残 大阪地震、モダン住宅聴竹居の見学中止

      20180619000054

       18日に発生した大阪北部地震で、戦前のモダン住宅として知られる京都府大山崎町の「聴竹居..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]