出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

名映画館、55年の歴史に幕 京都みなみ会館、再開目指す

立ち見も含めて満席となった京都みなみ会館の最終上映。上映前に吉田館長があいさつした(31日午後9時25分、京都市南区)
立ち見も含めて満席となった京都みなみ会館の最終上映。上映前に吉田館長があいさつした(31日午後9時25分、京都市南区)

 京都を代表するアート系映画館「京都みなみ会館」(京都市南区西九条)が31日夜、閉館した。午後9時すぎからの最終上映は、立ち見も含めて多くの映画ファンであふれ、思い出のこもる銀幕に別れを告げた。同館は来年中にも近隣での移転再開を目指す。

 最終上映前に、吉田由利香館長(30)があいさつ。前回の東京五輪前年の1963(昭和38)年に開業した歴史に触れ、「半世紀にわたり、ここでやってこられたのは多くの映画ファンのおかげ」と感謝の言葉を述べた。さらに「また東京五輪の前年に新しい劇場ができるよう調整を進めている。どうか待っていてください」と呼び掛けた。

 最後は、事前に作品を知らせない「シークレット上映」。年老いた手品師を主人公に、時代の移ろいを描いたフランスのアニメ映画「イリュージョニスト」(2010年)が映された。観客は名残惜しそうに見入り、エンドロールが終わると拍手がわき起こった。

 20代から通い続けたという上京区の長澤雅裕さん(46)は「特撮映画の特集など、いろんな作品を見て、青春を感じる場所だった。また戻ってきてほしい」と期待していた。

 同館は1980年代にアート系となり、週末のオールナイト上映や古今東西の名作特集など独自の企画で全国からファンを集めた。賃借していた建物が老朽化し、修繕費を捻出できないとして閉館を決めた。

【 2018年04月01日 09時01分 】

ニュース写真

  • 立ち見も含めて満席となった京都みなみ会館の最終上映。上映前に吉田館長があいさつした(31日午後9時25分、京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大分、体の一部か新たに発見
      山崩れ現場

      20180423000004

       大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神幸祭の神輿6基、勇壮に船渡御 京都・松尾大社

      20180422000096

       京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が22日、西京区や右京区で営まれた。6基の神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]