出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

不発弾残るラオスで養蜂指導 危険地帯に入る必要なく

養蜂の技術を学ぶラオスの農家たち=テラ・ルネッサンス提供
養蜂の技術を学ぶラオスの農家たち=テラ・ルネッサンス提供

 紛争地で不発弾処理の支援に取り組む京都市の認定NPO法人と市内の農業ベンチャー企業などが連携し、ベトナム戦争時の不発弾が今も大量に残るラオスで、養蜂の普及活動を進めている。危険地帯に足を踏み入れる必要のない養蜂で収入増を図る狙いで、関係者は「活動を定着させたい」としている。

 下京区の認定NPO法人「テラ・ルネッサンス」、南区の無農薬野菜販売会社「坂ノ途中」、神戸大の地域連携研究施設・篠山フィールドステーション(兵庫県篠山市)の3者。

 テラ・ルネッサンスによると、ラオスは都市と農村の所得格差が大きく、農村では現金収入を得るため森林伐採が行われているが、不発弾による爆発事故が今も後を絶たないという。

 そこで、不発弾に触れる危険がなく、森林破壊にもつながらない養蜂を広め、所得増加を目指す「farm miel(ファームミール)プロジェクト」を昨年10月に始めた。ラオス北東部・シエンクアン県の二つの農村で技術指導と商品開発、販路開拓を行う。

 このほど京都市下京区内で開かれた活動報告会では、2月に現地入りした神戸大の学生が、農家約50戸を対象に収入の満足度や環境保全への認識などについて聞き取り調査を行っていることや、村での養蜂の取り組みなどを紹介した。

 パネル討論もあり、テラ・ルネッサンスの栗田佳典さん(31)が「他の農村にも広がる仕組みにしたい」、坂ノ途中の安田大志さん(26)は「農家の生活や思いなどの『背景』が伝わる売り方を考える」、神戸大2年の山田栞さん(21)は「自然と共生していきたいという、村人の心からの言葉に触れた」と、展望や思いを語った。

 今後はラオスの農林局とも協力し、蜂蜜の加工センター建設などを進めていく予定。

【 2018年04月08日 19時00分 】

ニュース写真

  • 養蜂の技術を学ぶラオスの農家たち=テラ・ルネッサンス提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      手作り遊具横転、男児死亡
      父親と路上で遊び中、大阪

      20180622000003

       21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で、近くの小学生岡野創太君(9)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      初戦の布陣主体で、と西野監督
      日本代表、セネガル戦へ練習

      20180621000246

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鷹山、2022年巡行復帰へ 祇園祭、約200年ぶり

      20180621000131

       祇園祭後祭(あとまつり)の「休み山」の鷹山(京都市中京区三条通室町西入ル)について、鷹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      センサー付き衣類で作業員の健康把握 立命館大チーム開発

      20180621000233

       センサーや通信機器を組み込んだ次世代型の衣類「スマートウエア」を活用し、建設現場で作業..... [ 記事へ ]