出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

理研のiPS創薬拠点が開所 関西学研都市、京大と連携

理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)
理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)

 理化学研究所は9日、iPS(人工多能性幹)細胞を使い、大学や企業と共同で新薬開発を進める「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」の開所式を、拠点が入居する関西文化学術研究都市の「けいはんなプラザ」(京都府精華町光台)で開き、施設を公開した。

 理研バイオリソース研究センター(BRC、茨城県つくば市)のサテライト拠点として整備された。BRCは患者約3千人から作成したiPS細胞を京都大iPS細胞研究所(CiRA)などから寄託され、管理と研究機関への提供をしている。

 iPS細胞創薬拠点は1日付けで設立し、チームリーダーとして井上治久・京大CiRA教授が就任した。アルツハイマー病や不整脈などの病態解析と新薬の開発や、薬の副作用として問題になっているけいれんなどが発作するかどうかをiPS細胞で予測する研究を、京大や東北工業大、信州大、企業などと進める。新薬開発と患者への提供までの時間を短縮して事業展開につなげるとともに、安全な薬剤開発を支える。

 式で理研の松本紘理事長は「CiRAや大学、企業と連携し、新しい創薬事業に貢献したい」と抱負を述べ、京大CiRAの山中伸弥所長は「大きなパートナーが(京大の)近くにできた。患者やご家族に一日も早く朗報を届けられることを願っている」と期待を寄せた。

【 2018年04月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      経済

      宿泊税で京都の地下鉄整備を 鉄道ジャーナリスト梅原氏

      20180720000165

       京都政経文化懇話会7月例会が20日、京都市中京区のホテルであり、鉄道ジャーナリストの梅..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]