出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害者の意思疎通スムーズに 京都・長岡京市の窓口

長岡京市が市役所窓口などで導入する「コミュニケーション支援ボード」の見本。筆談対応を示す「耳マーク」も掲げ、スムーズな意思疎通を目指す(同市開田3丁目)
長岡京市が市役所窓口などで導入する「コミュニケーション支援ボード」の見本。筆談対応を示す「耳マーク」も掲げ、スムーズな意思疎通を目指す(同市開田3丁目)

 京都府長岡京市は、障がい者基本条例の施行(4月1日)を受け、障害者の一層の社会参加に向けた取り組みを始める。窓口対応でのスムーズな意思疎通を目指し、イラストを用いた「コミュニケーション支援ボード」を導入したり、さまざまな障害への理解を広げる運動に乗り出したりする計画。市障がい福祉課は「少しの手助けが当たり前にあるまちになりたい」とする。

 ボードは、市役所の各課窓口や中央公民館、西山公園体育館など約50カ所で10日から使い始める。聴覚や知的の障害者などを対象に想定。ボード記載のイラストを指して「どこに行けばいいか、わからない」「いたい・くるしい」などの用件を告げられ、「証明書がほしい」「高齢者・介護」などと具体的に選択できる欄も設ける。

 5月には「あいサポート運動」を開始。視覚や聴覚の障害、肢体不自由や依存症、発達障害や高次脳機能障害など、各種障害の特徴や、必要とされる支援の内容を周知する。

 一般応募の住民向けの他、自治会など地域の集まりや市民サークル、企業の職員研修に市職員が赴いて講義する計画。受講者を「あいサポーター」に認定してバッジを渡し、日頃から身につけてもらって「助けられる」との意思を可視化する。

 また、市の政策形成へ障害者が積極的に関与できる環境を整えるため、内規の「審議会等の運営手引書」を改定済み。重要案件に関わる審議会で「障がいのある人の意見を反映できるよう努めて」と明記した。本年度から「市防災会議」や「市国民保護協議会」など複数で障害の当事者が委員に加わる予定という。

 障がい者基本条例は、昨年12月に市議会で成立。市の責務として、障害特性に応じた情報取得や意思疎通への支援などを定めた。

【 2018年04月10日 12時22分 】

ニュース写真

  • 長岡京市が市役所窓口などで導入する「コミュニケーション支援ボード」の見本。筆談対応を示す「耳マーク」も掲げ、スムーズな意思疎通を目指す(同市開田3丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      豪雨と地震、被災住宅支援に違い 京都府内、法適用の有無で

      20180716000057

       6月18日の大阪府北部地震と7月上旬の西日本豪雨は、京都府内で計5千棟を超える住宅に被..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J1鳥栖入りFトレスに地元歓声
      ユニホーム姿を披露

      20180716000076

       J1鳥栖入りした元スペイン代表FWフェルナンドトレスが16日、佐賀市内で開催された歓迎..... [ 記事へ ]

      経済

      日本の工芸品、京都三条にショールーム 職人.com

      20180716000078

       日本の工芸品を扱うオンラインストア「職人.com」(京都市上京区)は、中京区のSACR..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      イケメン学生バンドが2枚目シングル 京都発、現役大学生中心

      20180716000056

       京都の現役大学生を主体にしたバンド「Qyoto」(キョウト)が、2枚目のシングル「It..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]