出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

射殺直後、コンビニATMに制服警官 滋賀、逃走資金引き出す?

事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)
事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県彦根市の交番で、滋賀県警の警察官が同僚の巡査部長(41)を射殺した事件で、殺人容疑で県警に逮捕された彦根署地域課の男性巡査(19)が、書類作成など勤務上の指導について、上司と折り合いがついていなかったことが12日、関係者への取材で分かった。県警は犯行に及んだ動機について慎重に調べている。巡査は身柄確保時、現金約50万円を所持していたことも判明。逃走資金にしようとした可能性もあるとみて、県警が調べている。

 愛荘町で見つかり、12日朝に逮捕された巡査は調べに対し、「交番で背後から撃って殺した。その場からパトカーに乗って逃げた。巡査部長は椅子に座ったまま前に倒れ、動かなかったので死んだと思った」と供述している、という。交番の防犯カメラには、巡査部長が机に突っ伏す様子が写っていた。

 また、同日午後8時ごろ、交番近くのコンビニを制服姿の若い警察官が訪れ、ATM(現金自動預払機)から現金を引き出す姿が目撃されていたことも判明。県警も情報を把握しており、関連を調べている。

 巡査は警察学校を卒業後、今年1月29日に彦根署地域課に配属された。別の交番勤務を経て、3月26日に巡査部長とともに、河瀬駅前交番に配属された。2人が顔を合わせたのは初めてで、出会って16日後に事件が起きたことになる。

 県警は11日深夜から12日未明にかけ、未成年の巡査の実名と顔写真を報道陣に公表した。県警は「拳銃を持って逃走している恐れがあり、住民に注意を促すため」と説明した。

【 2018年04月13日 09時27分 】

ニュース写真

  • 事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)
  • 彦根署交番同僚警官射殺事件の経過
  • 交番射殺事件の現場付近の地図
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大分、体の一部か新たに発見
      山崩れ現場

      20180423000004

       大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神幸祭の神輿6基、勇壮に船渡御 京都・松尾大社

      20180422000096

       京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が22日、西京区や右京区で営まれた。6基の神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]