出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

射殺直後、コンビニATMに制服警官 滋賀、逃走資金引き出す?

事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)
事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県彦根市の交番で、滋賀県警の警察官が同僚の巡査部長(41)を射殺した事件で、殺人容疑で県警に逮捕された彦根署地域課の男性巡査(19)が、書類作成など勤務上の指導について、上司と折り合いがついていなかったことが12日、関係者への取材で分かった。県警は犯行に及んだ動機について慎重に調べている。巡査は身柄確保時、現金約50万円を所持していたことも判明。逃走資金にしようとした可能性もあるとみて、県警が調べている。

 愛荘町で見つかり、12日朝に逮捕された巡査は調べに対し、「交番で背後から撃って殺した。その場からパトカーに乗って逃げた。巡査部長は椅子に座ったまま前に倒れ、動かなかったので死んだと思った」と供述している、という。交番の防犯カメラには、巡査部長が机に突っ伏す様子が写っていた。

 また、同日午後8時ごろ、交番近くのコンビニを制服姿の若い警察官が訪れ、ATM(現金自動預払機)から現金を引き出す姿が目撃されていたことも判明。県警も情報を把握しており、関連を調べている。

 巡査は警察学校を卒業後、今年1月29日に彦根署地域課に配属された。別の交番勤務を経て、3月26日に巡査部長とともに、河瀬駅前交番に配属された。2人が顔を合わせたのは初めてで、出会って16日後に事件が起きたことになる。

 県警は11日深夜から12日未明にかけ、未成年の巡査の実名と顔写真を報道陣に公表した。県警は「拳銃を持って逃走している恐れがあり、住民に注意を促すため」と説明した。

【 2018年04月13日 09時27分 】

ニュース写真

  • 事件から一夜明けた現場の交番前(12日午前6時15分、彦根市南川瀬町)
  • 彦根署交番同僚警官射殺事件の経過
  • 交番射殺事件の現場付近の地図
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北方領土元島民ら墓参第1陣出発
      歯舞群島・多楽島へ

      20180717000040

       北方領土の元島民らによる「北方領土墓参」の本年度第1陣(芦崎秀樹団長)が17日、歯舞群..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球韓国OP、北朝鮮選手初登場
      16人を派遣

      20180717000049

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まり、..... [ 記事へ ]

      経済

      米アマゾンで接続障害
      特売イベントで利用集中か

      20180717000014

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販のアマゾン・コムは16日、米市場向けのサイトで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新選組供養祭、ファンら参列 京都・壬生寺

      20180717000053

       江戸時代末期に反幕府勢力の取り締まりのため京都で結成された新選組らの慰霊供養祭が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]