出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

インスタ着物女子「伝統は革新で斬新」 京都の図案家発信

着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)
着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)

 ウサギの耳のような髪形や口紅柄の西陣織の帯、ベルトの帯揚げにサスペンダー。ポップな和装の着こなしで注目を集める着物の女性図案家がいる。京都市北区の川原マリアさん(31)。写真共有アプリのインスタグラムのフォロワー(登録者)は、国内外で5千人を超える。「伝統は革新で斬新。日本のモードはここにある」と世界に向けて発信している。

 川原さんは長崎県出身。デザインの仕事に就きたいと考えていた20歳のころ、「世界に誇れる日本のデザインは着物」と考え、インターネットで探し当てた京都市内のデザイン会社で図案家に弟子入りした。「様式美が凝縮されている」とアンティーク着物に目覚め、自らの着姿をネットで紹介し始めた。

 写真家らの目に留まり、2014年にはJR東海の京都誘客キャンペーン「そうだ、京都、行こう。」の広告に着物姿で登場。16年にはインターネット上で資金を募るクラウドファンディングを元手に、着物の新しい魅力を発信する写真集も発行した。「写真なら1枚で着物の魅力を表現できる」と狙いを語る。

 昨秋には、オリジナルの着物ブランド「MICO PARADE(ミコパレード)」を立ち上げた。「着物を着たことがない人にも、ファッションとして面白い、着てみようかな、と思ってもらいたい」。口紅や夜景の柄の帯、アーガイル模様の着物などをデザインした。問屋でも図案家として働き、古典柄の帯をモダンな配色に変えている。

 図案家を目指す人は少なくないが、修行中は無給などの厳しい条件があるため、多くは辞めていくという。「いろんな人が参入すれば、和装の魅力が高まるはず。将来は自分の力で才能のある人を呼び込めるようになりたい」と夢を抱いている。

【 2018年04月13日 16時05分 】

ニュース写真

  • 着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      豪雨なお避難指示、住民に疲れの色 京都・舞鶴

      20180717000057

       西日本豪雨の影響で、京都府舞鶴市内で唯一、上福井大畑地区で21世帯52人に避難指示が1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球韓国OP、北朝鮮選手初登場
      16人を派遣

      20180717000049

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まり、..... [ 記事へ ]

      経済

      米アマゾンで接続障害
      特売イベントで利用集中か

      20180717000014

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販のアマゾン・コムは16日、米市場向けのサイトで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新選組供養祭、ファンら参列 京都・壬生寺

      20180717000053

       江戸時代末期に反幕府勢力の取り締まりのため京都で結成された新選組らの慰霊供養祭が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]