出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東九条の小劇場、来春開場へ前進 京都・残り3千万円不足

東九条に計画されている小劇場のイメージ図
東九条に計画されている小劇場のイメージ図

 演劇文化の拠点となる新たな小劇場を京都市南区東九条に計画している演劇関係者らが14日、劇場づくりの前提となる建築物の用途許可申請を来週にも京都市にすることを明らかにした。順調に進めば今夏に着工、来春にも開場できる見通しで、実現へ前進した。ただ、総事業費約1億円のうち残り3千万円がまだ不足しており、「あと一押しの支援を」と呼び掛ける。

 新劇場は「Theatre E9(イーナイン) Kyoto」。不動産会社の八清(はちせ)(京都市)が持つ鉄骨2階建て倉庫を改装し、1階に舞台と約100の客席、2階に控室などを設ける。

 東京五輪を前に建築費が高騰するなど総事業費は想定していた8500万円を超える見通し。このため、当初計画していたカフェやギャラリーをいったん外し、まずは劇場機能に特化した設計に見直した。

 昨夏閉館した小劇場・アトリエ劇研(左京区)のディレクターだった劇作・演出家あごうさとしさん(41)、狂言師の茂山あきらさん(65)らが中心となって一般社団法人「アーツシード京都」を設立。クラウドファンディング(CF)で多くの市民から資金が寄せられ、京都商工会議所など経済界の後援も得られた。

 建物の耐震補強や防音も含めて市と事前協議を重ねており、市建築審査会の審査などが順調に進めば来春にも開場できる予定。

 資金的には残り3千万円を確保するため、寄付を随時募り、秋にも2回目のCFを展開する。

 京都では近年、小劇場が相次ぎ閉館した。14日に劇場予定地で報告会を開いたあごうさんは「幅広い劇団や人材が自由に表現できる場が不可欠。大きな支援を頂き、ここまで来られた。皆さんに愛され、100年続く劇場を何としても形にしたい」と力を込めた。アーツシード京都075(744)6127(平日のみ)。

【 2018年04月15日 11時11分 】

ニュース写真

  • 東九条に計画されている小劇場のイメージ図
  • 小劇場予定地
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「懐かしい」手紙に笑顔、南三陸
      宮城の仮設住宅、タイムカプ

      20180624000040

       東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町歌津地区で、仮設住宅「平成の森団地」を出..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      相撲会場内定で土俵に熱気 24年滋賀国体、長浜市の教室

      20180624000035

       2024年の滋賀国体で相撲の会場に内定している長浜市で、市相撲連盟の相撲教室が熱を帯び..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]