出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

漫画家が公開ライブで絵画制作 京都マンガミュージアム

キャンバスに作画するバロン吉元さん(手前)と寺田克也さん=15日午後4時、京都市中京区・京都国際マンガミュージアム
キャンバスに作画するバロン吉元さん(手前)と寺田克也さん=15日午後4時、京都市中京区・京都国際マンガミュージアム

 漫画家のバロン吉元さんと寺田克也さんが15日、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムで作品の公開制作を行った。独特の作風の絵画が大型キャンバスに刻々と浮かび上がり、来場者が見入った。

 2人は2~3月、東山区の高台寺でふすま絵を公開制作し、奉納した。バロンさんが「マンガミュージアムでも何かできないか」と持ちかけ、制作工程を見せる「ライブドローイング」に取り組むことになった。

 正午ごろから、2人はアクリル絵の具や水性ペンを使って、それぞれ縦1・6メートル、横1メートルほどのキャンバスに描き始めた。時間の経過とともに、鬼の腕や少女を思わせる部分が描き出され、様子を写真や動画に収める来場者もいた。

 バロンさんは「緊張感を感じつつ、寺田さんに励まされながら描くことができた」とほほ笑み、寺田さんは「見た方が楽しんでくれたらうれしい」と話した。

 2人の作品は、高台寺で開催中の合同展に合わせ、5月6日ごろまで同ミュージアムで展示予定。入館料が必要。

【 2018年04月15日 23時15分 】

ニュース写真

  • キャンバスに作画するバロン吉元さん(手前)と寺田克也さん=15日午後4時、京都市中京区・京都国際マンガミュージアム
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「懐かしい」手紙に笑顔、南三陸
      宮城の仮設住宅、タイムカプ

      20180624000040

       東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町歌津地区で、仮設住宅「平成の森団地」を出..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      相撲会場内定で土俵に熱気 24年滋賀国体、長浜市の教室

      20180624000035

       2024年の滋賀国体で相撲の会場に内定している長浜市で、市相撲連盟の相撲教室が熱を帯び..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]