出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

巡査叱る様子、カメラに写らず 滋賀の警官射殺

発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県警彦根署の男性巡査(19)が教育係の巡査部長(41)を射殺した事件で、犯行現場となった河瀬駅前交番内の防犯カメラには、巡査部長が巡査を厳しく叱る様子などは写っていなかったことが16日、滋賀県警への取材で分かった。県警は巡査が1月に現場に配属されてからの勤務で犯行につながる動機がないか調べている。また、巡査は逃走時にGPS(衛星利用測位システム)機能付きの無線機がついた服を脱いでいたことが分かった。県警は居場所が特定されないように捨てたとみている。

 県警によると、犯行日の11日、巡査部長と巡査は午後5時ごろに発生事案の対応で出動し、同7時15分に交番に戻った。防犯カメラにはその後、2人が夕食の弁当を食べる様子が写っていた。食後、巡査部長は自分の机でパソコン作業を行い、巡査は交番内を立ち歩いたりしていた。カメラに音声は記録されていないが、巡査部長が倒れる同47分までの約30分間に、巡査が厳しく叱られたり、2人が言い争ったりする様子は写っていなかったという。

 また、巡査は犯行後に逃走中、愛荘町の田んぼに乗り捨てたパトカー内に、無線機がついた耐刃防護衣を脱いで放置していたことも判明。無線機には、警察官がどこにいるか分かるようにGPS機能があり、県警は居場所が特定されるのを防ぐ狙いがあったとみている。

 巡査はパトカーを乗り捨てる直前、愛荘町目加田の民家の縁石に衝突する自損事故を起こしていた。左前のタイヤがパンクしており、この事故で走行が難しくなったとみられる。県警で詳しい逃走経路を調べている。

【 2018年04月16日 21時17分 】

ニュース写真

  • 発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大分、体の一部か新たに発見
      山崩れ現場

      20180423000004

       大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神幸祭の神輿6基、勇壮に船渡御 京都・松尾大社

      20180422000096

       京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が22日、西京区や右京区で営まれた。6基の神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]