出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

プラハに「わびさび」日本庭園 元宮内庁職員が再整備監修

川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)
川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)

 元宮内庁林園課専門職で、修学院離宮などの名庭を管理してきた川瀬昇作さん(64)=大津市=が、チェコで再整備される日本庭園の監修役を務めることになった。来日したプラハ市植物園の職員との打ち合わせも済ませ、「日本の庭園文化の素晴らしさを知ってもらいたい」と、2021年完成を目指して作業に入る。

 京都市西京区出身の川瀬さんは宮内庁に入り、仙洞御所や桂離宮などの名庭に携わってきた。退職後は「宮廷庭園研究所」を開き、庭の魅力を広めている。

 プラハ市植物園では、1997年に日本の植物を紹介するため、チェコ人の手で日本庭園が整備された。その後、本格的な日本の庭を目指して改修計画が浮上。プラハ市の姉妹都市である京都市が協力し、国土交通省の海外日本庭園修復モデル事業に採択され、監修役として川瀬さんに白羽の矢が立った。

 川瀬さんは、プラハ市植物園の日本庭園を昨年視察。プラハは湿度が低いため、池を設ける必要性を指摘し、松や竹などの植物は現地で手に入ることを確認した。改修では仙洞御所で有名な藤棚を設け、桜や梅で花見をできるようにする構想を練っている。

 先月にプラハ市植物園の幹部が打ち合わせで来日し、川瀬さんが京都迎賓館や京都御所、市洛西竹林公園などの庭を解説した。プラハ市植物園の職員は「茶室も設けて茶会も開きたい。手本となる日本庭園を造れば、日本文化をプラハでより知ってもらえるようになる」と期待する。

 6月にも再びプラハへ向かう川瀬さんは「日本庭園の『わびさび』の世界を表現したい。プラハの人に日本の庭園文化を理解してもらい、さらに交流が深まればいい」と話している。

【 2018年04月17日 11時47分 】

ニュース写真

  • 川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)
  • 来日したプラハ市植物園の職員に日本庭園について解説する川瀬さん(右)=3月29日、京都市西京区・市洛西竹林公園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      昔ながらの町家、活用探る 大津市とJR西がプロジェクト

      20180722000075

       大津宿場町構想実行委員会(事務局・大津市)とJR西日本はこのほど、空き町家を昔ながらの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      札幌にカーリング男子チーム発足
      「平昌より上目指す」

      20180722000083

       サッカーJ1札幌の関連法人がカーリング男子のチームを発足させ、22日に札幌市で記者会見..... [ 記事へ ]

      経済

      上品な風味、新サイズで味わって 月桂冠、清酒「特撰」

      20180722000084

       月桂冠は、清酒「特撰」で720ミリリットル瓶入りの商品をこのほど発売した。 特撰は級別..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      琳派ロック、今年も京都から発信 10月に平安神宮で祭り

      20180722000048

       「キーヤン」の愛称で知られる絵師の木村英輝さん(76)=京都市左京区=が総合プロデュー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]