出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の3姉妹、伸ばした髪寄付 医療用かつら「人の助けに」

(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ

 病で髪を失った子どもへの医療用かつら用に髪を寄付するため、京都市伏見区の3姉妹が、30センチ以上伸ばした髪を切った。闘病経験がある長女の「困っている人の助けになれば」という思いに、妹たちも賛同した。

 高校1年の藤枝樹亜(じゅあ)さん(15)、小学4年の樹(いつき)さん(10)、同1年の夏樹(なつき)さん(6)。2014年まで、家族でベトナムに住んでいた。樹亜さんは日本人学校6年だったとき、寄付された毛髪でかつらを作る「ヘアドネーション」のことをニュースで知った。

 その後、樹亜さんはウイルス性の病に倒れて1カ月間の入院後に帰国し、車いすでの生活を送る。「しんどい経験をしたこともあって、人の助けになりたいと思った」と樹亜さん。中学1年の夏、伸ばし続けた髪を切って、初めて寄付した。再び髪が伸びると「次は3人で寄付しよう」と呼びかけ、樹亜さんを慕う妹たちもうなずいた。

 同区の美容室で、3人の髪は束に分けられて切られ、肩までのショートカットになった。「切った理由を聞かれたら、友だちにヘアドネーションのことを宣伝できる」。樹亜さんがうれしそうに話した。

 ヘアドネーションは、大阪市のNPO法人「JHD&C(ジャーダック)」が始め、これまで259人の子どもたちに医療用かつらを贈っている。府内では活動に賛同する理美容室が85店ある。

【 2018年04月17日 17時46分 】

ニュース写真

  • (上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北方領土元島民ら墓参第1陣出発
      歯舞群島・多楽島へ

      20180717000040

       北方領土の元島民らによる「北方領土墓参」の本年度第1陣(芦崎秀樹団長)が17日、歯舞群..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球韓国OP、北朝鮮選手初登場
      16人を派遣

      20180717000049

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まり、..... [ 記事へ ]

      経済

      米アマゾンで接続障害
      特売イベントで利用集中か

      20180717000014

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販のアマゾン・コムは16日、米市場向けのサイトで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新選組供養祭、ファンら参列 京都・壬生寺

      20180717000053

       江戸時代末期に反幕府勢力の取り締まりのため京都で結成された新選組らの慰霊供養祭が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]