出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

巨大ナメクジ1道7県に拡大か 京大助教が目撃情報収集

ひっそりと生息範囲を広げているマダラコウラナメクジと、研究する宇高助教(京都市左京区・京都大)
ひっそりと生息範囲を広げているマダラコウラナメクジと、研究する宇高助教(京都市左京区・京都大)

 雨上がり、外に出てふと物陰を見るとのっそりはっている姿に気づきぞっとする-。ナメクジが苦手な人は少なくない。しかしそんな「日陰者」の世界に異変が起こっている。外来種が日本で生息域を広げているのだ。京都大理学研究科の宇高寛子助教は、欧州原産のマダラコウラナメクジの拡大を調べようと情報を収集。実態が白日の下にさらされつつある。

 マダラコウラナメクジは、ヒョウのようなまだら模様が特徴で体長は最大約15センチに達する。日本では2006年に初めて茨城県で生息が確認されたが、全国的な分布調査はなかった。宇高助教は16年1月から、短文投稿サイト(ツイッター)などで目撃情報を募り、分布調査を始めた。

 18年3月までに約300件の情報が集まった。論文報告と合わせ、関東や東北など1道7県で生息していることが分かった。西日本では未確認。宇高助教は「ナメクジは雑食で寒さに強い。予想より広く分布していることが分かった」と話す。攻撃性の強い種なのでほかのナメクジを駆逐している可能性があるといい、今後、全種類の分布調査も計画している。

 ナメクジの謎に挑み続ける宇高助教。さぞナメクジに愛着が深いと思いきや、「もともとはナメクジが好きなわけではないんです」。顔を近づけるのもあまり得意でなく、生態がよく分かっていない無脊椎動物の研究対象として関心があるそうだ。

 報告会を20日午後7時から、京都市下京区のマテリアル京都で開催する。参加費500円。詳細は報告会を主催する京都オープンサイエンス・ミートアップのホームページで。

【 2018年04月20日 16時05分 】

ニュース写真

  • ひっそりと生息範囲を広げているマダラコウラナメクジと、研究する宇高助教(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      防災用品や水の売り切れ続出 京都各地のホームセンター

      20180620000067

       各地のホームセンターでは、飲料水や防災グッズを買い求める人が増えた。 ホームセンターコ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯予言猫、また的中
      今大会3試合をずばり

      20180620000069

       【ボルゴグラード共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、サンクトペテルブル..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

      20180620000040

       18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿渡御、輿丁たちが練習 京都・祇園祭、神幸祭向け

      20180620000052

       祇園祭の神幸祭と還幸祭で京都市中心部を渡御する神輿(みこし)の担ぎ手たちが、東山区の円..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      簡易地震計設置で断層探る 京大、高槻・茨木の住宅街

      20180620000047

       大阪府北部地震の発生から一夜明けた19日、京都大防災研究所などは震源地周辺の高槻市や茨..... [ 記事へ ]