出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

悪性リンパ腫の細胞死滅 京大教授ら成果、抗がん剤開発へ期待

 悪性リンパ腫に関連する酵素の構造を不安定にすることで、リンパ腫のがん細胞を死滅できた、と京都大医学研究科の岩井一宏教授や工学研究科の白川昌宏教授らが24日、発表した。酵素の構造を標的とした抗がん剤開発につながる成果で、米科学誌に25日掲載する。

 ヒトやマウスなどの細胞内で、タンパク質の働きや挙動を決める酵素「LUBAC(ルバック)」は、特定の悪性リンパ腫で活性が高く、いくつかの抗がん剤の耐性に関わることが知られている。酵素活性を下げる研究が進められてきたが、十分な成果を得られなかった。

 研究グループは、酵素を構成する三つのタンパク質の結合状態を分析。最も強い結合部分の阻害剤を開発し、細胞に加えたところ、安定した構造の酵素が減少した。また、阻害剤を加えるとヒトの悪性リンパ腫の細胞が死滅することを確認した。

 今月から製薬会社と創薬に向けた研究を始めたといい、岩井教授は「効率的に結合を弱め、酵素の量を減らす手法を見つけたい」と話している。

【 2018年04月25日 01時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      工事「裏合意」、市長は関与否定 滋賀・彦根

      20180523000195

       滋賀県彦根市役所の本庁舎耐震化整備事業に絡んで市と業者の間で一部工事を別途発注とする「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多彩な技の美、一堂に 京都で近畿展・染織展

      20180523000202

       伝統に培われた技の美を一堂に集める「日本伝統工芸近畿展」と「日本伝統工芸染織展」(いず..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]