出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

悪性リンパ腫の細胞死滅 京大教授ら成果、抗がん剤開発へ期待

 悪性リンパ腫に関連する酵素の構造を不安定にすることで、リンパ腫のがん細胞を死滅できた、と京都大医学研究科の岩井一宏教授や工学研究科の白川昌宏教授らが24日、発表した。酵素の構造を標的とした抗がん剤開発につながる成果で、米科学誌に25日掲載する。

 ヒトやマウスなどの細胞内で、タンパク質の働きや挙動を決める酵素「LUBAC(ルバック)」は、特定の悪性リンパ腫で活性が高く、いくつかの抗がん剤の耐性に関わることが知られている。酵素活性を下げる研究が進められてきたが、十分な成果を得られなかった。

 研究グループは、酵素を構成する三つのタンパク質の結合状態を分析。最も強い結合部分の阻害剤を開発し、細胞に加えたところ、安定した構造の酵素が減少した。また、阻害剤を加えるとヒトの悪性リンパ腫の細胞が死滅することを確認した。

 今月から製薬会社と創薬に向けた研究を始めたといい、岩井教授は「効率的に結合を弱め、酵素の量を減らす手法を見つけたい」と話している。

【 2018年04月25日 01時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      台風10号、沖縄本島を通過
      土砂災害や高波に警戒

      20180721000019

       台風10号は21日、勢力を維持したまま沖縄本島付近を通過し、東シナ海を西寄りに進んだ。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全英OPゴルフ、スピースが首位
      第3日、宮里優20位

      20180721000144

       【カーヌスティ(英国)共同】男子ゴルフの全英オープン選手権は21日、英国北東部のカーヌ..... [ 記事へ ]

      経済

      フィアットCEOが退任
      ジープ責任者が後継

      20180722000007

       【ロンドン共同】欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園祭・花傘巡行、酷暑予想で中止 

      20180721000147

       24日に京都市内で開催予定の祇園祭の花傘巡行について、八坂神社(東山区)は21日、酷暑..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]