出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

未払い賃金請求、時効巡り賛否 厚労省が延長検討

労働基準法と改正民法が定める請求時効
労働基準法と改正民法が定める請求時効

 未払い賃金を勤務先に請求できる時効期間の延長が、厚生労働省で検討されている。現行の労働基準法では労働者は2年分しか請求できず、逆に賃金の過払いがあった場合、事業者は10年分の返還を労働者に求めることができるため、長年、労働団体から「不平等だ」との批判が強かった。5年への延長案が有力だが、経営者側の反発もあり、京都の関係者からも歓迎や慎重な対応を求める声が上がっている。

 現行民法で債権の時効は原則10年だが、賃金は特例で1年に限定し、労基法は労働者保護のため2年と定める。昨年成立した改正民法(2020年4月施行)では特例を廃止し、「権利を知った時から5年」にすることが決まった。厚労省は民法と労基法のずれを是正するため、昨年12月、専門家の検討会を設置し、労基法の時効について議論を始めた。

 労働者には期待が大きい。長年に渡る未払い残業が発覚しても2年分しか支払われず、泣き寝入りした労働者が多いからだ。一方、事業者が給与を多く払いすぎた場合、民法の不当利得(時効10年)が適用されるため、労働組合には「労働者より企業を保護している」との不満が根強い。日本労働弁護団全国常任幹事の塩見卓也弁護士(京都弁護士会)は「時効を5年以上にしなければ労基法の趣旨である労働者保護に反する。時効延長はサービス残業を強制するブラック企業の抑止につながる」と訴える。

 経営者側からは懸念の声もある。企業の顧問弁護士でつくる「経営法曹会議」の伊藤昌毅事務局長は「中小企業にとって死活問題」と話し、「労基法は使用者に酷とならないよう時効を短くした側面がある」との意見書を検討会へ提出した。賃金や勤務表といった資料の保存期間は3年だが、時効が延長されれば期間は延びる。未払い賃金が莫大な額になれば経営悪化を招く恐れもある。

 京都府中小企業団体中央会の山口靖弘事務局長は「未払い賃金を支払うのは当然」としつつ、「多くの中小企業は人事担当者が別の業務を兼務している。時効が大幅に延長されれば、資料保存や訴訟リスクが大きな負担になる」と危ぶむ。

【 2018年05月05日 21時00分 】

ニュース写真

  • 労働基準法と改正民法が定める請求時効
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      御巣鷹で「次世代に」誓う
      同級生や児童ら慰霊登山

      20180721000090

       1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故の犠牲者とゆかりのある人々が21日、墜落現場とな..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      JR東海など8強、都市対抗野球
      セガサミーも、第9日

      20180721000094

       都市対抗野球大会第9日は21日、東京ドームで2回戦が行われ、セガサミー(東京都)、JR..... [ 記事へ ]

      経済

      豪雨時、車自動ブレーキ過信禁物
      JAFが検証、作動しないこ

      20180721000068

       日本自動車連盟(JAF)が車の自動ブレーキに関し、豪雨時に正常に作動しないこともあると..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      連日猛暑もプール営業できず 京都・舞鶴、西日本豪雨で設備水没

      20180721000044

       西日本豪雨の影響で、京都府北部有数の大型レジャープール「舞鶴文化公園プール」(舞鶴市上..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]