出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

医学書9千冊電子化「解体新書」もネットで 京大付属図書館

電子化した富士川文庫を通じて、解体新書など古い医学書が手軽に読める(京都市左京区)
電子化した富士川文庫を通じて、解体新書など古い医学書が手軽に読める(京都市左京区)

 平安時代から明治時代に至る日本医学史を渉猟した富士川游(ゆう)(1865~1940)の約9千冊に及ぶ医学書のコレクションを、京都大付属図書館が電子化して公開を始めた。教科書などでおなじみの「解体新書」から戦国大名の家に伝わる医書まで、日本の医学史を総覧する和漢の典籍、西洋医学の翻訳書を読むことができる。

 京大貴重資料デジタルアーカイブの「富士川文庫」のコーナーから閲覧できる。18世紀後半に杉田玄白らが訳して出版した解体新書は、頭蓋骨のスケッチの細かな筆遣いまで読み取れる。1703年に上梓(じょうし)された「日用食性和解大全(にちようしょくしょうわげたいぜん)」では、健康のための体操をユーモラスな図柄入りで説明している。戦国大名の今川家に伝わる医書もあり、多彩な角度から古い医学の世界を垣間見られる。ダウンロードでき、無償で複製や加工、ウェブサイトへの掲載もできる。

 富士川は広島県生まれで、ドイツに留学して医学を修めた。若い頃から医学史に興味を抱いて史料を収集し、成果は1904年に出版した「日本医学史」として結実した。日本における医史学を確立させた業績として評価されている。京大でも教べんを取った。苦労して収集した史料を役立ててほしいと、17~41年の計3回に分けて京大に寄贈した。保管する同図書館では、電子化する前は館内での閲覧のみ可能だったが、年間数十回と、よく利用されていたという。

 同館は「今も昔も変わらない健康への関心の深さを実感できるはず。どんどん活用して」と呼び掛けている。

【 2018年05月13日 20時00分 】

ニュース写真

  • 電子化した富士川文庫を通じて、解体新書など古い医学書が手軽に読める(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京大立て看板撤去、撤回を要請 周辺住民、市条例改正も

      20180523000178

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして京都大が吉田キャンパス(左京区)周辺の立て看板を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

      20180523000210

       滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]