出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高
イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高

 電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロウイルスを取り除く技術を開発した、と発表した。カキを提供するなど研究に協力した海洋高(京都府宮津市上司)で成果報告会を開き、主産地の広島県の漁業関係者らと共に、ウイルス除去の原理や実用化に向けた取り組みを確認した。

 研究は、同社や同高、専門家らでつくる研究グループが昨年4月から始めた。直径1ミクロン未満(ミクロンはミリの1000分の1)の微細な気泡「ウルトラファインバブル」を、均一に発生させる同社独自の装置を活用した。マイナスの電荷を持つ気泡がカキの内部に入り込み、プラスの電荷を持つウイルスに吸着させ、カキの体外に排出させる仕組み。

 実験は、ノロウイルスと構造や大きさが近い代替ウイルスを感染させた広島県産のマガキと生徒が育てた岩ガキを使った。マガキでウイルスを99・96%、岩ガキで99・92%取り除くことに成功。いずれも従来の紫外線を使った方法よりも多く除去できた。東北大の高橋計介准教授は「ウイルスをほぼ浄化できる可能性が示された」と話す。

 報告会では、校舎内の実験スペースで、同社の中尾順次研究開発部長が研究メンバーや生徒らにウイルス浄化の工程を説明した。広島県漁業協同組合連合会の渡辺雄蔵専務理事は「このシステムでカキの安全性を確保し、消費拡大につなげたい」と期待。同高3年西野海杜さん(17)は「最先端の研究に関わることができ大きな財産になった」と話した。

 今後は広島県でカキ生産者らと研究を本格化させ、装置の商品化を目指す。

【 2018年05月25日 22時02分 】

ニュース写真

  • イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      屋根損壊、余震と雨を警戒 大阪北部地震、京都の被災者ら

      20180620000246

       大阪府北部地震で、八幡市では、民家など95棟で屋根の損壊や瓦が落下するなど、建物被害が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウルグアイとロシアが16強
      ロナルド早くも4点目

      20180620000265

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第7日(20日・モスクワほか)1次リーグA組のウルグア..... [ 記事へ ]

      経済

      瓶の「ザ・モルツ」一時出荷停止 京都の工場、地震被害

      20180620000238

       サントリーホールディングス(大阪市)は20日、大阪北部地震で被災したビール工場の京都ブ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      僧兵姿で勝負伐り、速さ競う 京都・鞍馬寺、豊凶占う

      20180620000211

       大蛇に見立てた青竹を勢いよく切り、その速さを競う「竹伐(き)り会式」が20日、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      陸上・桐生を医でサポート 京大・奥平医師、けが防止に尽力

      20180620000247

       陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-..... [ 記事へ ]