出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

光秀の周山城、全体像判明 織豊期の特徴示す、京都市測量

調査で判明した周山城の全体像
調査で判明した周山城の全体像

 戦国武将の明智光秀が京都市右京区京北周山町に築いたとされる大規模な山城「周山城」の跡地で、市が測量調査を行い、東西1・3キロ、南北0・7キロに及ぶ城の範囲、郭(くるわ)の位置や道といった全体像を確定した。戦国期の城に革新をもたらした織田期の城郭の遺構が山中にほぼ現存しているとみられる。専門家からは発掘調査を求める声が出ている。

 周山城は、市京北出張所西側にそびえる黒尾山(標高509メートル)の尾根沿いにあったとされる。関連史料は少なく、城跡がうっそうとした山林にあるため、過去の調査では大まかな分布しか分かっていなかった。

 今回の調査は城跡一帯の林道計画を受け、2017年2~12月に行った。ヘリを使った「航空レーザー測量」と目視調査で、詳細な城跡の配置図(縄張図)をつくった。

 城は東西に分かれ、天守台とみられる石塁を備えた「東城」の中心部(標高480メートル)から、山の尾根伝いに放射状に約50の郭がだんだんに連なり、「西城」にも10以上の郭があることを確認した。道は、東側の正面に当たる大手筋のほか、城の西方向や南方向につながる導線、各郭を結ぶ道筋が明らかになったという。

 調査した市文化財保護課の馬瀬智光さんは「織豊期城郭の特徴の一つである石垣が想定以上に多用されている。郭に直線的に入ることができないよう土塁を築く『折れ』も目立ち、戦国期らしい実戦に向けた構造がそのまま山中に残っている」と話す。

 周山城は、織田信長の命を受けた光秀が1575(天正3)年からの丹波攻略に向け築いたとされる。茶人の津田宗及が城内の月見に招かれたことを書き残し、1582(天正10)年の山崎の合戦後に豊臣秀吉が訪れたとする史料もある。

 城郭に詳しい滋賀県立大の中井均教授は「石垣や天守、瓦という織豊期城郭ならではの特徴を備えた典型的な城の一つだ。信長時代の城は秀吉や徳川家康が改造したり、廃城したりしてほとんど現存せず、織田期の城郭建築を研究する上で安土城に並んで貴重な遺構。国の史跡にふさわしい城跡といえ、発掘調査が待たれる」と話している。

【 2018年05月26日 17時00分 】

ニュース写真

  • 調査で判明した周山城の全体像
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都市長、地震発生後に渡仏 被害は確認、記念式典出席へ

      20180619000069

       大阪府北部で起きた地震を受け、京都府は18日、京都市上京区の府庁で災害対策本部会議を開..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳の日本勢、欧州GPから帰国
      17歳池江璃花子「自信つい

      20180619000046

       競泳の欧州グランプリを終えた日本勢が19日、成田空港に帰国した。女子で100メートルと..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、キャンセル相次ぐ 大阪北部地震、開店遅れも

      20180618000180

       大阪府北部を中心に被害が出た地震は、京都、滋賀の経済活動にも影響を及ぼした。交通機関が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「建築界の宝」も無残 大阪地震、モダン住宅聴竹居の見学中止

      20180619000054

       18日に発生した大阪北部地震で、戦前のモダン住宅として知られる京都府大山崎町の「聴竹居..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]