出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

野生動物の「心」、遺伝子から迫る 京大でシンポ

京都大野生動物研究センターの10年を振り返ったシンポジウム(京都市左京区)
京都大野生動物研究センターの10年を振り返ったシンポジウム(京都市左京区)

 京都大の野生動物研究センターの創立10周年を記念したシンポジウムが11日、京都市左京区の京大であった。チンパンジーやボノボ、イルカ、イヌワシなどさまざまな動物の観察から得られた知見を披露し、世界中で展開してきた研究の意義を強調した。

 村山美穂センター長は、遺伝子解析の技術を使って動物の「心」に迫る研究を紹介。サルの一種マーモセットを使い、遺伝子の差で社交性を比較した実験を説明した。「性格と健康は関係があるとも言われる。幸福度の高いオランウータンは長生きするという研究もある」と話した。またアフリカでは、狩猟で野生動物が減っていると報告し、「タンパク源は住民に必要。野生動物の家畜化を試みている」と述べた。

 伊谷原一教授は、アフリカに生息する霊長類を解説。チンパンジーやゴリラは、集団間の関係は敵対的なのに対し、ボノボは非敵対的で別々の集団が出会っても「性交渉」などを通じて融和的な関係を作り上げると説明した。

 このほかイルカの睡眠やチンパンジーの知性、京都市動物園での研究の報告があり、人が動物をよく知ってこそ共存できることを確認した。

【 2018年06月11日 22時50分 】

ニュース写真

  • 京都大野生動物研究センターの10年を振り返ったシンポジウム(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      屋根損壊、余震と雨を警戒 大阪北部地震、京都の被災者ら

      20180620000246

       大阪府北部地震で、八幡市では、民家など95棟で屋根の損壊や瓦が落下するなど、建物被害が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウルグアイとロシアが16強
      ロナルド早くも4点目

      20180620000265

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第7日(20日・モスクワほか)1次リーグA組のウルグア..... [ 記事へ ]

      経済

      瓶の「ザ・モルツ」一時出荷停止 京都の工場、地震被害

      20180620000238

       サントリーホールディングス(大阪市)は20日、大阪北部地震で被災したビール工場の京都ブ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      僧兵姿で勝負伐り、速さ競う 京都・鞍馬寺、豊凶占う

      20180620000211

       大蛇に見立てた青竹を勢いよく切り、その速さを競う「竹伐(き)り会式」が20日、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      陸上・桐生を医でサポート 京大・奥平医師、けが防止に尽力

      20180620000247

       陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-..... [ 記事へ ]