出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鷹山、2022年巡行復帰へ 祇園祭、約200年ぶり

江戸後期に巡行していた鷹山をイメージした復元図(作図・中川未子、鷹山保存会提供)
江戸後期に巡行していた鷹山をイメージした復元図(作図・中川未子、鷹山保存会提供)

 祇園祭後祭(あとまつり)の「休み山」の鷹山(京都市中京区三条通室町西入ル)について、鷹山保存会の山田純司理事長(63)は21日、八坂神社(東山区)での記者会見で2022年の巡行復帰を目指すと発表した。山鉾の復活は14年の大船鉾以来で、鷹山が復帰すれば計34基となる。会見では高さ約14メートル、幅約4メートル、全長約6メートルとなる山の基本設計案も明らかにした。

 鷹山は1826年の巡行時の風雨で懸装品(けそうひん)を傷めて以降、巡行に参加せず、64年の大火では山本体を焼失した。2015年に保存会が結成され、これまでは26年までの復興を目指していた。

 基本設計案では、巡行に加わっていた江戸後期の姿への復元を目指し、前(さき)祭の岩戸山や後祭の南・北観音山に似た曳山(ひきやま)とする。頂上部には真松を立て、舞台には3体のご神体人形とともに囃子(はやし)方が乗る。

 鷹山は、すでに車輪などの部材一部をほかの保存会から譲渡されている。今後これらの部材が使えるか検討し、同時に寄付を募って懸装品などを準備する。

 山での巡行復帰に先だって、八坂神社の祭神の名をしたためた掛け軸を唐櫃(からびつ)に収め、「唐櫃巡行」を19年から3年間実施する。

 山田理事長は「ご神体の力で多くの人が集まり、夢が目標になり近づいて来た」と笑顔を見せた。八坂神社の森壽雄宮司は「できるだけ早く復活し立派に巡行する姿を見せていただきたい」と期待を込めた。

【 2018年06月21日 23時30分 】

ニュース写真

  • 江戸後期に巡行していた鷹山をイメージした復元図(作図・中川未子、鷹山保存会提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都の民家全焼、住人搬送 隣接マンションの壁焼ける

      20180718000205

       18日午後8時50分ごろ、京都市上京区一条通浄福寺東入ルの民家から出火、木造2階建て延..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ2―6楽(18日)
      松井が今季初勝利

      20180718000196

       楽天が今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾った。2―2の八回に藤田の押し出し四球、ペ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛の保育・育成拠点が完成 滋賀・近江牛生産拡大へ

      20180718000179

       近江牛の生産拡大に向け、子牛の保育・育成を行う拠点施設「キャトル・ステーション」が、滋..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      炎天下、鉾の骨組み壮麗 祇園祭・後祭山鉾建て

      20180718000170

       祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)に向けて、京都市中心部で18日、山鉾建てが始ま..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]