出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
大津中2自殺を巡る損害賠償請求訴訟の経緯
大津中2自殺を巡る損害賠償請求訴訟の経緯[記事へ]

いじめと自殺の関連焦点 大津の損賠訴訟、19日判決

  • はしか流行で厚労省が医療機関に注意喚起
     関西を中心にはしか患者が増えていることから、厚生労働省は18日、全国の医療機関に対し、発疹や発熱がみられる患者を診察するときには、はしかを念頭に置き、対策に当たるよう求める通知を出した。 (22:18)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      社説2019年02月18日掲載

      精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束を受けた入院患者が、10年間で2倍近くに急増していることが厚生労働省の調査で分かった。2017年度の年次調査によると、全国で1万2千人強にのぼる。調査方法が変わったため単純比較はできないものの、03年度の5千人強から増加の一途だ。施錠された保護室に隔離された患者も1万3千人近くに増えている。本来は極めて限定的な場合だけに認められる身体拘束が、安.. 続きを見る

      凡語2019年02月18日掲載

      駆け出し時代をともにした「ポケベル」が今秋でサービス停止という。忘れていたくせに何か寂しいのは年のせいか▼テレホンカードやカセットレコーダー、タクシーの灰皿も見なくなった。かつて必需品、無いでは済まないと思っていたものも、新しい技術や生活の環境、意識の変化とともに姿を消していく▼同じ運命をたどるだろうか。スーパーや商店で配られるプラスチック製レジ袋のことだ。亀岡市は昨年12月、市内全店で使用を禁止.. 続きを見る