出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
ゲゼイエルさんの息子のザイドちゃんを抱いて、笑顔を見せる中村さん(八幡市男山・男山団地)
ゲゼイエルさんの息子のザイドちゃんを抱..[記事へ]

座り続けるシリア人妊婦に声かけ病院へ 友情生んだ一言とは

  • 貴景勝は再び休場の方向
     大相撲夏場所8日目から再出場した新大関貴景勝が9日目の20日から再び休場する方向となったことが、日本相撲協会関係者の話で分かった。 (23:24)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      社説2019年05月19日掲載

      裁判員制度が始まって21日で10年となる。制度は定着したといえるのだろうか。スタート前年の2008年の世論調査では、全体の7割が「参加したくない」としていた。17年の最高裁アンケートでは、選ばれる前は47%が消極的だったが、参加後は96%が「良い経験と感じた」と答えている。自らの経験や感覚を実際の裁判に反映させる裁判員の役割について、経験者はおおむね肯定的にとらえているようだ。一方で、課題も見え.. 続きを見る

      凡語2019年05月19日掲載

      能登の海は目が覚めるほどの群青色で、底まで澄みわたっていた。この地に生まれた桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539~1610年)もこの海を見ただろうか▼今年生誕480年。石川県七尾市の武家に生まれ、染物屋の養子となった等伯は、後ろ盾もなく30代で京に上り、名門狩野永徳と肩を並べ渡り合った。湿り気まで感じさせる濃密な大気を表した「松林図屏風(びょうぶ)」は水墨画の最高峰と評される▼地元の美術館で等伯展.. 続きを見る