出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
漫才を披露するロボット=大阪市中央区・大阪国際がんセンター
漫才を披露するロボット=大阪市中央区・..[記事へ]

ロボット漫才で笑い、がん患者に癒やし AIが台本作成

  • 三浦さん次男らアコンカグア登頂成功
     冒険家三浦雄一郎さん(86)の次男豪太さん(49)らは21日、南米大陸最高峰アコンカグアへの登頂に成功した。三浦さんの事務所が明らかにした。 (23:25)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      社説2019年01月21日掲載

      ゆうちょ銀行の預入限度額が4月から、現在の2倍の2600万円へ引き上げられる見通しだ。政府は郵政民営化委員会が示した報告書を了承した。実現されれば3年前に1千万円から1300万円に変更して以来となる。退職金などのまとまったお金を預けられるようにして利便性を高めるためという。利用者にとって使い勝手が良くなるのは確かだ。ただ、ゆうちょ銀は国が6割弱の株式を保有する日本郵政の子会社である。政府の信用を.. 続きを見る

      凡語2019年01月21日掲載

      誰一人読み通したことのない幻の本「熱帯」。謎の解明のため向かった京都で明らかになる事実。いつしか幻の本が描く世界へ。京都大出身の作家森見登美彦さんの最新作は常識を超えた怪作だ。タイトルは作中の本と同じ「熱帯」▼創造の魔術を操る魔王、名前も記憶も失った男が巻き込まれる冒険、随所に浮かぶ京都の情景、千一夜物語の失われた挿話…。物語の中に物語が入れ子状に増殖し、構成は複雑怪奇となる▼2003年にデビュー.. 続きを見る