進路や勉強の方法について教員と相談する生徒たち(17日、京都市右京区・嵯峨野高)

進路や勉強の方法について教員と相談する生徒たち(17日、京都市右京区・嵯峨野高)

 2020年度開始の大学入学共通テストで国語と数学への記述式問題導入が見送られた。京都府や滋賀県の高校関係者は「記述式がなくなっても学習する内容自体は変わらない」と冷静に受け止めながらも、テストが1年後に迫った今になって方針を変更する国への不信感を募らせた。

 「記述式をやめるというのは驚いた。ただ目指す国公立大の2次試験で記述式は必要なので、そこまで影響はない」。嵯峨野高(京都市右京区)2年の男子生徒(17)は淡々と語った。「試験内容が変わると勉強に専念できない。もっと早く決めてほしい」と国に注文を付けた。

 今回の発表を受け、京都市教育委員会の担当者は「思考力、判断力、表現力を見る問題が共通テストで出ることは変わらない」とし、各高校に落ち着いて対応するよう求める方針を示した。ある府立高の副校長は「記述式を解く能力があれば、他の問題でも早く正確に解答できる」とし、2次試験で国語がない理系の生徒にも記述式の勉強は継続するよう指導するとした。

 ただ採点体制の不備が指摘されながらも対応が後手に回った国に対して憤る声は多い。東大津高(大津市)2年の女子生徒(17)は「記述式は自己採点でどう配点していいか分からなかった。自分たちは政府の実験台じゃないと言いたい」と不満を募らせた。八幡高(近江八幡市)2年の女子生徒(17)は「記述があるかないかで、勉強の仕方がすごく変わってくる」ともう少し早い判断を求めた。

 別の府立高の副校長は「理念は分かるが、現実が追い付いてなかった。高校側が意見を述べる余地もなく、現場ではどちらに転んでも対応できるようにしていた」と明かした。また府立高の男性教諭は「本年度に行われる入試では、浪人すれば共通テストを受けることになるため早めに推薦入試で大学を決めた生徒もいた。今回の発表が分かっていれば対応が変わっていたかもしれない」と、今回の決定による影響は小さくないと指摘した。

 大学側も情報収集に追われた。滋賀大は「大学のホームページで共通テストの記述式を活用すると予告していたので、取り消すなど整理しないといけない」。京都大は「国からの正式な文書をもって対応を検討したい」とし、立命館大は「いずれまた『導入する』となるかもしれない。国には今後の見通しを示してほしい」と要望した。

 見送りは決定されたが、課題も残る。嵯峨野高進路指導部の三木博之部長は「まだ今の高校1年の時の大学入試でどうなるか示されておらず、今日の段階で発表すべきだった。もっと制度設計を詰めるべきだ」と語気を強めた。

 大津市の高校2年生は「(導入が延期された英語民間検定試験に続き)振り回されてばかりだ。受験生の声は国に届いていない」とし「今まで通りにセンター試験を維持し、2次試験でそれぞれの大学が求めたい力を問えばいいのでは」と冷ややかに語った。