国道1号の新バイパス建設促進に向けて開かれた議員連盟の総会(衆院第1議員会館)

国道1号の新バイパス建設促進に向けて開かれた議員連盟の総会(衆院第1議員会館)

 滋賀―京都間の新しい国道1号バイパス建設に向け、国土交通省は18日、2020年度にルートを選定する場を設け、京都府や滋賀県、京都市と協議を始めることを明らかにした。同省は現在、課題や整備効果について調査を進めており、具体的なルート選定という新たな段階に進むことになる。

 両府県の自民党国会議員らでつくる建設促進議員連盟が衆議院第1議員会館で開いた総会で明らかにした。交通量が多い滋賀―京都間は2車線区間があり、慢性的な混雑が続いている。大雨や大雪などで通行止めも発生しており、同省道路局の丹羽克彦企画課長は「物流や人流にとって重要な区間だが、非常に貧弱な路線だ」と新バイパスの必要性を訴えた。

 出席者からは「財源の問題があるが、有料道路方式で事業化できないのか」「山科区では渋滞によって私道にまで車が入ってくる。混雑が緩和するようルートを慎重に選定してほしい」との意見が出た。

 議連で京都側の共同代表を務める二之湯智参院議員(京都選挙区)は「京都と滋賀は一体という気持ちを持ってこの大事業を押し進めたい」と述べ、滋賀側の上野賢一郎衆院議員(滋賀2区)は「来年度予算で一定の前進ができるように力を合わせて頑張りたい」とあいさつした。

 総会では新バイパス建設に向けた計画の早期策定などを求める決議を採択し、国交省や財務省にこの日申し入れた。