2020年東京五輪・パラリンピックの最新の予算計画で、大会組織委員会が300億円の増収となることが18日、分かった。昨年末から、スポンサー収入やチケットの売り上げが大幅に増える見通しとなったためで、収入額の合計が6300億円に達する。複数の関係者が明らかにした。

 一方、組織委は支出面では、競歩の札幌への開催地変更に伴って東京都が負担する予定だった30億円の関連経費を新たに請け負う方向で、増収分の一部を充てる。マラソンの札幌移転に伴う経費については引き続き、精査する。