京都府警本部

京都府警本部

 愛知県内の東名高速道路で9月、走行中の乗用車をあおってエアガンを発射したとされる事件で、京都府警は19日、京都市内の名神高速道路でも別の車にエアガンを発射したとして、器物損壊の疑いで、兵庫県尼崎市の男(40)=覚せい剤取締法違反罪で公判中=を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、佐藤容疑者は8月上旬、伏見区の名神高速道路でワゴン車を運転中、50代の男性が運転する車に並走しながらエアガンを複数回発射し、車体を損傷させた疑いが持たれている。

 男を巡っては、愛知県内の東名高速道路を走行する乗用車をワゴン車であおり、エアガンを発射したとして、9月に器物損壊容疑で愛知県警に逮捕され、罰金5万円の略式命令を受けている。

 男性から被害届を受けた府警がドライブレコーダーの映像を解析したところ、愛知で使用されたワゴン車の車種や色、ナンバーの一部が京都で使用されたものと合致したという。